デイリー・アップデート

2019年1月7日 (月)

[ウクライナ] 国内で著名なコメディアン・俳優であるV.ゼレンスキー氏が今年3月31日に予定されているウクライナ大統領選挙に出馬すると表明した。最新の世論調査によるゼレンスキー氏の支持率は、首位に立つ野党指導者のティモシェンコ元首相に続いて第2位となっており、決選投票に進む可能性があると思われる。

[中国] 1月4日、中国人民銀行(中銀)は、市中銀行から強制的に預かるお金の金利である預金準備率を2段階で合計1%ポイント引き下げると発表した。1月15日と25日にそれぞれ0.5%ポイントずつ引き下げる。新規融資向けに1,160億ドルの資金を金融システムに供給する。今回の引き下げは景気減速の加速リスクの抑制、2月上旬の春節前の流動性状況の改善、民間中小企業の資金調達支援の3点が主な目的。

[米国] 12月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は前月比31.2万人増となった。年末商戦が堅調だった小売業に加えて、製造業や建設業でも雇用が伸びた。失業率は3.9%と、職探しを始めた人が増えたことから、前月比0.2%ポイント上昇。一方、平均時給は前年同月比+3.2%と、3か月連続で3%台の伸びを維持している。パウエルFRB議長は1月4日に金融市場の混乱を受けて、金融政策を柔軟に見直す用意があるなど、引き締め路線の一時停止の可能性を示したが、そのような状況下、引き続き実体経済の動向が注目される。

[アルゼンチン] 11月の鉱工業生産は前年比13.3%減となり、9月の急落時よりも悪化。食糧・飲料、製油、紡績、印刷、ゴム・プラスチック、車両組立の各セクターで大きな下落が記録された一方、ベースメタルセクターは上昇。なお、建設関連活動も前期比7%減、前年比15.9%減となり、3か月連続で下落している。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

11人が「いいね!」と言っています。
<  2019年1月  
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31