デイリー・アップデート

2019年4月8日 (月)

[アルゼンチン] 2019年2月の鉱工業生産は前年比8.5%減と前月よりも減速幅が縮小。前月比では2.4%増となり、2カ月連続で拡大。繊維、衣料、石油精製、その他輸送機器、ベースメタル、機械では悪化が見られたが、飲食、タバコ、車両組立、セメントでは改善が見られた。2019年2月の建設活動は前年比5.3%減だったが前月比では8.3%増と、こちらも2カ月連続で拡大。

[中国] 現地報道によると、中国政府は2兆元(約33兆2000億円)の減税実施に伴い財政赤字が拡大しないよう、各省庁に対し2019年の財政支出を抑えるよう要請しており、それに応じるため102の中央省庁のうち46が一般歳出削減を決定。しかし、49の中央省庁では2018年よりも歳出が増加する見込みとなっている。残る7省庁は対応を公表していない。

[米国] 3月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は前月から19.6万人増加した。失業率は3.8%と低水準を維持。また、平均時給は前年同月比3.2%上昇したものの、上昇率は前月から鈍化した。2月の雇用者数増加幅の縮小(+3.3万人)は一時的な落ち込みとみられる一方で、製造業の雇用者数が前月から0.6万人減少と、増加が19か月連続増を最後に減少に転じるなど、懸念材料も残っている。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

11人が「いいね!」と言っています。