デイリー・アップデート

2019年7月9日 (火)

[エジプト/ケニア] エジプトの6月のPMIは49.2と、前月の48.2から改善。新規受注・生産・雇用はいずれも続落したが下げ幅は5月より改善。購買や在庫も減少し、見通しも5ヶ月ぶりの低水準。購買価格は緩やかに上昇。 一方、ケニアの6月のPMIは54.3と、5月51.3から急上昇。新規受注・生産・雇用・購買・在庫・購買価格はいずれも急騰し、見通しは調査史上最高値を記録した。

[アフリカ] 7月7日、アフリカ連合(AU)臨時首脳会議において、アフリカ大陸自由貿易圏「AfCFTA」の「準備段階」から「運用段階」への移行が正式に宣言された。AU加盟55か国のうち、エリトリアを除く54か国がAfCFTAに署名した。また、エリトリアは同7日に、AfCFTAへの参加を検討すると発表した。AfCFTA参加国は2020年7月からの実際の運用開始を目指しており、参加国の大多数が関税を90%カットすることになる。この結果、2022年までに、アフリカ連合諸国の域内貿易が約60%増加する見込み。

[日/韓] 日本政府の対韓輸出規制に関し、『朝鮮日報』は、◇サムスン電子などと取引のある加工業者の話として、フッ化水素が大幅に足りない状況 ◇日本製フッ化水素は韓国で厳格な管理下にあり、また、化学兵器への転用は事実上不可能と専門家が説明 ◇輸出貿易管理に関する両国間会議の近年における不開催は、韓国が回避したのではなく、双方の人事異動が原因 ◇日本との協議については実施を合意済みで現在日程等調整中 ◇文大統領が日本側の措置撤回と両国の協議を求めると発言、などと報じている。

[日本] 厚生労働省が5月の『毎月勤労統計調査結果』を発表した。名目賃金は前年同月比▲0.2%と、5か月連続の前年割れとなった。ただし、共通事業所ベースでは2017年8月以降、プラスを維持している。一般労働者の所定内給与はプラスの一方で、パートタイム労働者の時給は2%超増加したものの、所定内労働時間の短縮傾向が主因となって、所定内給与はマイナス。人手不足や働き方改革によって、賃金単価は上昇したものの、所定内・所定外労働時間の減少で相殺され、賃金総額を下押ししている。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

12人が「いいね!」と言っています。
<  2019年7月  >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31