デイリー・アップデート

2019年9月4日 (水)

[G7] フランスのビアリッツで開催されたG7サミットは徹頭徹尾「マクロン色」に彩られたサミットだったという。アフリカ5か国にインド・豪州・チリを加えたアウトリーチ8か国を加えた会合も多く、全体に希薄化された印象。アマゾン森林火災支援やロシアの招聘など「その場の思い付き」的な議題も目立ち、首脳宣言もメッセージ性に欠けたものだったとの見方がある。ただ首脳同士ではかなり突っ込んだ率直な議論もなされ、それなりの収穫はあったという。

[米国] 8月のISM製造業景気指数(PMI)は49.1となり、前月(52.2)から2.1pt低下した。5か月連続の低下。景気の拡大・縮小の節目となる50を、2016年8月以降で初めて下回った。8月に一段と米中貿易戦争が激化したことを受けて、掲載されていたコメントには、貿易・関税に関する警戒感が強く現れている。今後、GDP成長率がマイナスに転じる境目とされる42.9を下回るか否かが注目される。

[インド] 現地報道によると、アジア開発銀行(ADB)は8月29日、今後3年間で120億ドル超の融資が可能であるとインド側に伝えたという。全世帯への飲料水供給を目指す「Jal Jeevan Mission」政策への支援、東海岸経済回廊計画、中小企業支援などが融資対象となる。また、訪印したADBの中尾武彦総裁はモディ首相と会談。新技術とイノベーション、再生可能エネルギー利用の促進、EV車の普及、フィンテックの活用、プラスチックのリサイクルなど多岐にわたる分野での協力に関し協議した。

[イタリア] 9月4日に『五つ星運動』のオンライン・プラットフォーム「ルソー」を通じて実施された党員投票で、同党党員8万人のうち79%が『五つ星運動』と民主党との連立に賛成票を投じ、同連立案を採択した。これにより、『五つ星運動』は民主党との連立政権樹立が可能となった。本日、コンテ首相はマッタレッラ大統領に主要閣僚名簿と新政権のプログラムを提出する予定。

[中国] 本年8月末、国家発展改革委と国家税務総局が連名で通達を公布。今後、個人所得税納付における信用管理メカニズムを構築・整備して行くとして、税務申告した内容を「全国自然人納税信用データベース」に蓄積し、行政処分関係で運用中の「全国信用情報共有プラットフォーム」とのデータ共有を図るとしている。税務申告内容の真実性・正確性などについては納税者の責任となるので、万一虚偽の申告をすれば、個人の信用スコアを落とす結果となる。(社会保険料の虚偽申告対策にも有効か。)

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

12人が「いいね!」と言っています。
<  2019年9月  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30