新たな非日常づくり

社長コラム

2020年09月03日

代表取締役社長
須之部 潔

 新型コロナウイルスが日本で猛威をふるいはじめてからほぼ半年が経過し、テレワークやリモート会議、オフピーク通勤、毎朝の検温、頻繁な手指消毒、3密の回避などなど、「新たな日常」とも言われる生活習慣が定着してきている。これらは必要不可欠であったり急を要したりする「やらねばならない物事」を安全に進めるために始まった。少なくとも当初は、一定の非効率や手間や面倒臭さを我慢しながらだったが、徐々に慣れてきたものだ。

 

 そうした間に夏が過ぎようとしている。海外旅行や、オリンピックに代表されるスポーツイベント、身近なところで言えば帰省や夏祭りなど、いわゆる「非日常」の行動は不要不急であるがゆえに軒並みキャンセル、延期、自粛、あるいは開催されても人数を絞って大きな声を出さない、ワクワク感、ドキドキ感に乏しいものとなってしまった。

 

 新型コロナに対するワクチンや特効薬が開発されたとしても普及には時間がかかるし、仮に新型コロナに万全の対応ができるようになっても、新たな感染症のリスクが常に付きまとっている。したがって不要不急の「非日常」の行動をコロナ以前のように体験できることにはならないだろう。でもそれでは人生、あまりにも味気ない。

 

 オンラインで消費者と観光地をつなぐバーチャル旅行は実施されているし、次世代通信規格「5G」を使って試合中のスポーツ選手の動きを様々な角度から映像で眺められる技術の開発も進んでいる。だがリアルの臨場感にはかなわないのではないだろうか。ハードルは高いかもしれないが、「新たな日常」にある程度慣れてきた今こそ「新たな非日常」づくりに向け、人類の英知に期待したい。今まで経験したことがないようなワクワク、ドキドキを心待ちにしている。

 

2020年9月3日 日本経済新聞 夕刊 5ページ(十字路)掲載

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。