菊井 彩乃|シニアアナリスト

所属:戦略調査部
研究・専門分野:産業分析

【略歴】

京都大学(法学部)卒業。2009年住友商事入社後、リスクマネジメント(取引与信審査・投資案件審査)業務に従事。
2013~2015年にシンガポール駐在。2018年4月より現職。

サイト内記事

2018年12月25日

ウィークリー・トピックス

COP24結果報告

COP24結果報告

ポーランドのカトヴィツェで2018年12月に開催されたCOP24の結果について報告する。パリ協定は2020年以降の地球温暖化対策の国際的な枠組みで、詳細な運用ルールを策定する必要があった。今回のCOP24でそれら詳細ルールについて合意できないと、2020年からの適用に間に合わないこともあり、交渉の行方が大変注目されていた。