デイリー・アップデート

2022年1月18日 (火)

[UAE] 1月17日、アブダビ国営石油(ADNOC)の石油貯蔵施設近くの工業地区で燃料トラック3台が爆発し、3人が死亡、6人が負傷する事件が発生。さらにアブダビ国際空港近くでも火災が発生する騒ぎがあった。イエメンの反政府勢力であるフーシ派が「UAEで軍事作戦を行った」と声明を発表しており、小型無人機による攻撃と見られている。UAEは2015年にサウジアラビアなどとともにイエメン紛争に介入し、イエメン南部の武装勢力を支援している。フーシ派は国境を接するサウジへの攻撃を頻繁に行っているが、UAEに対する攻撃は2018年以来。

[パキスタン] 1月10日、パキスタンはIMFに対し12日に予定していた拡大信用供与(EFF)(2019年5月から期間39か月、総額60億ドルの融資)に関する第6回協議の延期を要請した。13日、増税や一部商品に対する免税の廃止により財政収入を増加させるほか、その他の政策を強化しパキスタン国立銀行(SBP)への権限を強化させる、という内容の法案が下院で承認された。これらの法案はIMFの要請に基づいたものであり、同EFFから10億ドルのIMF融資の実施が1月後半にも決定する見通し。

[アルメニア/トルコ] 歴史的に対立してきたトルコと隣国アルメニアが1月14日、ロシアの仲介を受け、モスクワで国交正常化に向けた初の協議を実施した。協議に先立って、来月から両国間を結ぶチャーター便の就航が決まったほか、アルメニアがトルコ製品の禁輸措置を解除すると発表した。

[中国] 1月16日、国家郵政局安全監督管理司(部)は、疫病対策期間中の郵便速達や郵送サービスに関する安全ガイドラインの確実な実施についての通知を出した。国際郵便や速達について、1通ずつ外装の全面を消毒することや、消毒後に静置期間を設けること、消毒記録を保存することなどが求められている。その他、現場作業員の健康モニタリングや作業エリアの分離などについても指示している。当面、中国向けの国際郵便物は通常より配送に時間がかかると予測される。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

14人が「いいね!」と言っています。