デイリー・アップデート

2020年1月20日 (月)

[ミャンマー/中国] 1月17日~18日、習近平国家主席が国交樹立70周年にあわせてミャンマーを公式訪問。ネピドーでアウンサン・スーチー国家顧問と会談。両国は「一帯一路」の一部として位置づけられる「中国・ミャンマー経済回廊(CMEC)」の建設を具体化する共同声明を含め計33の合意文書を発表した。中国国家主席のミャンマー訪問は19年ぶり。

[リビア] 1月19日、ベルリンで国連主催のリビア平和会議が開催され、参加国代表はリビアへの武器禁輸に関して改めて合意した。会議にはプーチン露大統領、ジョンソン英首相、シシ・エジプト大統領、ポンペオ米国務長官などの他に国連、EU、アラブ連盟、アフリカ連合などからも代表者が参加。リビア国民合意政府(GNA)のセラージュ首相及びリビア国民軍(LNA)のハフタル将軍もベルリン入りしたが、全体会合には参加せず、2人が顔を合わせることはなかった。

[日本/欧州] 日本銀行は1月20日、21日に金融政策決定会合を開催する。政策は据え置きとの予想が大勢を占めているもよう。注目点は、経済見通しなどの変更が行われるのか、財政政策などへの言及があるのかなど。また、欧州中央銀行(ECB)は23日に理事会を開催する。ECBは今年戦略見直しを実施する。インフレ目標の変更など、どのような項目が議論の遡上にのぼるのかが注目される。

[アルゼンチン] 12月のインフレ率は前月比3.7%増、前年比53.8%増。パン・クラッカー・ビスケット、菓子、食肉、乳製品といった飲食品を始め、自動車、アルコール飲料・タバコ、医薬品、健康保険料、家具、ホテル・レストランといった分野で著しい価格上昇が見られた。コアインフレ率は前月比3.7%増、前年比56.7%増。また、2019年通年のインフレ率は前年比52.8%増となった。

[ウクライナ] 1月17日、ホンチャルク首相(35才)は、自身のものとされるゼレンスキー大統領(41才)を批判している音声の記録が出回ったことを受け、辞表を提出した。これに対し、ゼレンスキー大統領は辞表を受け取らず、「チャンスを与える」として続投を容認した。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

12人が「いいね!」と言っています。
<  2020年1月  
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31