メディア活動情報

活動実績

2019年12月11日(水)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「トランプ再選の「アキレス腱」となりかねない「郊外有権者」の離反」

足立 正彦

2019年12月9日(月)

毎日新聞出版『週刊エコノミスト』2019年12月17日号に、当社シニアアナリスト 鈴木 直美が寄稿しました。

◆P.65 ザ・マーケット 「金 新たなレンジ形成へ」

鈴木 直美

2019年12月5日(木)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「「トランプ再選」の「起点」となる「接戦州フロリダ」」

足立 正彦

2019年12月5日(木)

日本政策金融公庫『調査月報』に寄稿しました。

◆P.35 世界のあれこれビジネス情報便 第30回「リオに入ればカリオカに従え リオデジャネイロ」

 

2019年12月3日(火)

『日本経済新聞(夕刊)』に、米州住友商事会社ワシントン事務所長 高井 裕之が寄稿しました。

◆7面 十字路「米中デカップリング」

 

2019年12月2日(月)

東洋経済新報社『週刊東洋経済』2019年12月7日号に、米州住友商事会社ワシントン事務所長 高井 裕之が寄稿しました。

◆P.34 マネー潮流「2020年は米中10年戦争の分岐点に」

 

2019年12月2日(月)

金融ファクシミリ新聞・GM版に、当社シニアエコノミスト 片白 恵理子が寄稿しました。

◆国際面① 「中国の中南米経済戦略 パラグアイと中国」

片白 恵理子

2019年11月29日(金)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「「ブルームバーグ前NY市長」の民主党大統領候補指名獲得に向けた「制約」」

足立 正彦

2019年11月28日(木)

『東洋経済ONLINE』に、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 渡辺 亮司のコラムが掲載されました。

◆「トランプ大統領の弾劾、公聴会の次はどうなるーニクソン時代とは異なる「社会の2極化」の壁」 

渡辺 亮司

2019年11月27日(水)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「大幅前倒しされる「カリフォルニア州民主党予備選挙」の役割」

足立 正彦

2019年11月19日(火)

『日本経済新聞』に、当社シニアアナリスト 小橋 啓のコメントが掲載されました。

◆22面 「米国産原油、薄れる割安感 欧州産と価格差縮小 供給網整い余剰感解消」

小橋 啓

2019年11月19日(火)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「「議席奪還」目指す「セッションズ前司法長官」に立ちはだかる「障壁」」

足立 正彦

2019年11月17日(日)

『日経ヴェリタス』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆16面 COMMODITY「ニッケル、3カ月ぶり安値、ステンレス需要鈍く需給逼迫懸念が後退」

本間 隆行

2019年11月17日(日)

『日経ヴェリタス』に、米州住友商事会社ワシントン事務所長 高井 裕之が寄稿しました。

◆19面 コモディティーウォッチ「ウォーレン氏公約、石油ガスに打撃?」

 

2019年11月15日(金)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「ウォレン候補は「左派ポピュリズムの受け皿」か「クリントン氏の二の舞か」」

足立 正彦

2019年11月13日(水)

『日本経済新聞』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆19面 「ニッケルが下落、LME3カ月ぶり安値、需要に不安」

本間 隆行

2019年11月13日(水)

『東洋経済ONLINE』に、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 渡辺 亮司のコラムが掲載されました。

◆「トランプ氏の弾劾公聴会で世論は動くのかー2極化社会で民主・共和の対立は激しさ増す」

渡辺 亮司

2019年11月10日(日)

『東洋経済ONLINE』に、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 渡辺 亮司のコラムが掲載されました。

◆「2020年大統領選はトランプ対ウォーレンなのか ー 支持者を増やしてきたウォーレンの正念場」

渡辺 亮司

2019年11月9日(土)

『日本経済新聞』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆17面 ポジション「銅、高揚感なき上昇、米中協議で、実需鈍く、重い上値、国際相場、世界景気の減速意識」

本間 隆行

2019年11月8日(金)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「「大統領弾劾プロセス」の多大な影響を受ける「接戦州選出」の共和党上院議員」

足立 正彦

12345...56