鈴木 将之|シニアエコノミスト

所属:経済部
研究・専門分野:マクロ経済

【略歴】
 慶應義塾大学(商学部)卒業、慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学。
 国内シンクタンクを経て、2017年住友商事グローバルリサーチ入社。

メディア活動情報

2020年2月16日(日)

『日経ヴェリタス』に、当社シニアエコノミスト 鈴木 将之のコメントが掲載されました。

◆14面 「新型肺炎の影響「五輪まで」26% 3月末の円相場「現行水準並み」の声多く」

2018年12月22日(土)

東洋経済新報社『週刊東洋経済』2018年12月29日・2019年1月5日合併号に、当社シニアエコノミスト 鈴木 将之のコメントが掲載されました。

◆P29 特集/2019大予測 世界の針路を129テーマで徹底解説

2018年12月16日(日)

『日経ヴェリタス』に、当社シニアエコノミスト 鈴木 将之のコメントが掲載されました。

◆18面 「来年「ドル高・円高」多く、米金融政策の見方割れる、利上げは「1~2回」」

2018年9月23日(日)

『日経ヴェリタス』に、当社シニアエコノミスト 鈴木 将之が寄稿しました。

◆60面 米発貿易摩擦を読む④「摩擦から戦争へ 長期化で影響見通せず」

2018年9月9日(日)

『日経ヴェリタス』に、当社シニアエコノミスト 鈴木 将之が寄稿しました。

◆60面 米発貿易摩擦を読む②「米の貿易赤字は単なる敗北ではない」

サイト内記事

2020年10月5日

調査レポート

長期化する低金利の世界

長期化する低金利の世界

新型コロナウイルス(COVID-19)危機の中、日米欧の金融緩和が一段と進んだ。推計した均衡実質金利は足元でマイナス圏にあり、様々な経済のゆがみを表していると考えられる。今後も当面低金利が継続する見込みである一方、「ウィズ・コロナ」や「デジタル化」という大きな時代の変化もある。現在の人々や企業の決断の積み重ねが、低金利の現状から早期に脱却...

2020年9月3日

調査レポート

為替(8月)非常事態のドル高から有事の円高へ

為替(8月)非常事態のドル高から有事の円高へ

為替市場は「非常事態のドル高」から脱却しつつあるようだ。そうなると、「有事の円高」リスクが高まる恐れがある。新型コロナウイルス感染拡大と景気回復の遅れ、それに伴う金融緩和の長期化、迫る米大統領選など為替市場に影響を及ぼす材料が少しずつ変化している。実体経済を踏まえれば、今後円高・ドル安圧力が過去数か月よりも強まるとみられる。

2020年8月20日

調査レポート

リスクと期待の間にある新興国通貨

リスクと期待の間にある新興国通貨

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大した当初、新興国に対する海外投資家の警戒感が強まり、投資マネーが新興国から海外に流出し、新興国通貨安が進んだ。しかし、タイバーツが底堅く推移するなど、新興国といっても海外投資家からの信用力には濃淡がみられた。一方、COVID-19感染拡大という非常事態や「ウィズ・コロナ」下での世界経済・社...

2020年7月20日

ホット・トピックス

日銀『短観』からみた日本企業の現状と課題

日銀『短観』からみた日本企業の現状と課題

2020年に入ってから、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大によって、世界経済の景色は一変した。そうした中で、日本企業も大きな影響を受けてきた。4月の緊急事態宣言の発令に象徴されるように、感染抑止のために経済活動は止められた。しかし、全体として、景気が急速に冷え込んだことは事実である一方で、全ての企業活動が止まったわけではないこ...

2020年7月9日

ホット・トピックス

OECD世界経済見通しから読み取れる世界経済・社会の潮流の変化

OECD世界経済見通しから読み取れる世界経済・社会の潮流の変化

以下では、OECDの『経済見通し』(OECD Economic Outlook)をもとに、不確実な世界経済の先行きと、中長期的な課題について考えてみる。持続的な成長のため、グローバル化やデジタル化とともに、気候変動問題への取り組みを重視している点が、日本の対応策とは温度差があり、そうした世界経済・社会の潮流の変化を認識していくことが重要だ...

2020年6月16日

調査レポート

見えない雇用環境の悪化と見えてきた変化

見えない雇用環境の悪化と見えてきた変化

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大を抑制するために、世界各国・地域で経済活動が制限され、見た目以上に雇用環境が悪化してきた。足元にかけて、経済活動は段階的に再開しているものの、ワクチンや治療法が確立されていないため、以前と同じ雇用環境にはなっていない。また、COVID-19危機の経験を通じて、改めて見えてきた経済・社会における...

2020年5月27日

調査レポート

それでもドル円は動かない

それでもドル円は動かない

ドル円相場は相変わらず横ばい圏を推移している。新型コロナウイルス感染拡大という非常事態の中でドル高になった一方で、円高も進んだためだ。先行きについても、感染の動向や経済活動の再開状況などで不透明感が強いため、ドル円相場は当面横ばいの動きが続くだろう。一方、中長期的には、米財政赤字の拡大など経済ファンダメンタルズを反映して、ドル円相場は円高...

2020年5月1日

調査レポート

新興国からの資金流出と通貨の下落

新興国からの資金流出と通貨の下落

2020年に入ってから対米ドルで新興国通貨は一段と下落した。しかも、国際通貨基金(IMF)によると、新興国からの証券投資を通じた資金流出規模は2008年の世界金融危機以降で、最も大きい。新興国経済のファンダメンタルズが新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大前から脆弱だったところに、現在の苦境が重なったためだ。財政赤字の拡大など、国...

2020年4月15日

調査レポート

景気が停滞する中国の債務リスク

景気が停滞する中国の債務リスク

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、中国経済が停滞している。その停滞の大きさが注目を集めているが、むしろ今後の回復ペースと債務問題の顕在化リスクが懸念される。実際、ここ10年間で中国の債務残高は、日米欧に比べて顕著に増加してきた。その中で特に増加が目立つ企業債務残高は、一般政府(国・地方政府・社会保障基金の合計)に帰属するものが多く、景気...

2020年3月23日

調査レポート

日米欧の雇用・所得環境の比較

日米欧の雇用・所得環境の比較

雇用・所得環境の底堅さが個人消費を下支えして、経済が緩やかに成長するという見通しが年初まで、主要国で語られてきた。確かに、これまでのところ日米欧の雇用環境には底堅さがみられる。しかし、日本の賃金上昇は米欧に比べ見劣りしている。日本の賃金について、労働者の属性を調整すると、見た目ほど低下していないが、上昇してもいなかった。米中貿易戦争などの...