会社情報

社長メッセージ

「情報」という商品を扱う商社パーソンとして、社内外を繋ぐ「カタリスト」となり情報の流動性を上げていく 代表取締役 髙井裕之

 当社は、住友商事グループのシンクタンクとして2014年4月に設立十周年を迎え、社名も住友商事グローバルリサーチ株式会社に改めました。この社名には、世界各地域に深く根差した商社のシンクタンクとしての強みを活かしつつ、自らも「よりグローバルに」活動の場を広げ、よりグローバルに情報発信するリサーチ会社となることを目指していくという思いが込められています。

 商社では複数の事業部門の連携により、事業機会の創出や拡大に繋げていくことが期待されていますので、我々自身もシンクタンクの研究員というよりは、「情報」という商品を扱う商社パーソンという意識を持ち、社内外の組織を繋ぐ「カタリスト(触媒)」となって、情報の流動性を上げていくことが重要だと考えています。

 同時に、変化の先取り機能を果たすこと、中長期でのBig Picture(大局観)を提示することも我々の重要な役割であると考えています。住友商事が手掛けている様々なビジネスや投資を通じて得た情報と、外部情報を組み合わせながら、起こり得るリスクへの備えと、新しいビジネス領域、有望な地域や新分野へのアンテナを高めていきたいと考えています。

 もうひとつ重要な側面が、住商グループの「顔」となり、内と外とをつなぐという役割です。このホームページを通じて提供する情報が、いささかでも皆さまのお役に立てば幸いです。

高井 裕之

社長プロフィール

会社概要

名称 住友商事グローバルリサーチ株式会社
(Sumitomo Corporation Global Research Co. Ltd.)
設立 2004年4月1日
資本金 50百万円
株主 住友商事株式会社(100%)
代表取締役 代表取締役社長  高井 裕之(たかい ひろゆき)
取締役 取締役副社長   小島 弘敬(こじま ひろゆき)
取締役[非常勤]  田渕 正朗(たぶち まさお)
従業員数 38名
所在地 〒104-6136 
東京都中央区晴海一丁目8番11号 晴海アイランドトリトンスクエア オフィスタワーY棟36F
業務内容 国内・海外の企業経営・政治・経済・金融・財政・産業・貿易全般に関する調査・分析・研究
並びにコンサルティング業務 等

(2017年4月1日現在)

事業紹介

マクロ経済分析

世界経済、日本経済、世界貿易に関するマクロ情報並びに住友商事グループ等からのミクロ情報を基に、外的環境の分析・予測を行っています。

商品市況分析

国際商品市況やマーケットの動向・見通しを分析しています。

国際情勢分析

世界各国の政治・国際情勢、カントリーリスクを分析しています。

ビジネス戦略調査・分析

次世代産業、技術、環境問題等の調査・分析を行っています。

組織図

組織図:社長-配下に企画総括部、経済部、国際部、戦略調査部が並列

(2017年4月1日現在)