石野 なつみ|シニアアナリスト

所属:国際部
研究・専門分野:サブサハラ・アフリカ、西欧

【略歴】

関西大学(経済学部)卒業。
School of Oriental and African Studies, London School of Economics and Political Scienceにてアフリカ経済学・経済史学の修士取得、博士課程(休学)。
証券会社・ロビイストを経て 2016年2月住友商事グローバルリサーチ入社。

メディア活動情報

2020年10月12日(月)

毎日新聞出版『週刊エコノミスト』2020年10月20日号に、当社シニアアナリスト 石野 なつみが寄稿しました。

◆P.71~73 「英国:難航する英EU「将来協定」 現実味を帯びる「合意なし」」

2020年2月17日(月)

毎日新聞出版『週刊エコノミスト』2020年2月25日号に、当社シニアアナリスト 石野 なつみが寄稿しました。

◆P.14 「アイルランド総選挙 シン・フェイン党躍進 統一問う国民投票要求」

2019年12月23日(月)

毎日新聞出版『週刊エコノミスト』2019年12月31日・2020年1月7日合併号に、当社シニアアナリスト 石野 なつみが寄稿しました。

◆P.39 「英EU離脱  保守党圧勝で大きく前進も 「連合王国」に解体リスク」

2019年12月12日(木)

『日刊工業新聞』に、当社シニアアナリスト 石野 なつみのコメントが掲載されました。

◆1面 「英総選挙 きょう投票 あす判明、保守党の単独過半数焦点」

2019年10月21日(月)

毎日新聞出版『週刊エコノミスト』2019年10月29日号に、当社シニアアナリスト 石野 なつみが寄稿しました。

◆P.77~79 「欧州:離脱期限直前まで“ドタバタ” 英国とEUの果てなき交渉」

サイト内記事

2018年10月30日

ホット・トピックス

英国のEU離脱:現状と見通し

英国のEU離脱:現状と見通し

英国のEU離脱の現状と見通しについて整理する。図表①に、これまでと今後のスケジュールについて示した通り、2016年6月23日の国民投票で、英国はEUからの離脱を決定した。2016年7月にはメイ新政権が誕生し、順調に離脱プロセスが開始されると思いきや、英国の迷走が始まった。

2017年3月30日

調査レポート

英国のEU離脱交渉について

英国のEU離脱交渉について

2017年3月29日、英国のメイ首相が欧州理事会にEU離脱を通告 。5月末に離脱交渉が開始される見込みだ。EU離脱の条項が書かれているリスボン条約第50条によると、離脱交渉は2年間と定められていることから、理論上、2019年3月末までに英国はEUを離脱することになる。 英国のEU離脱の事の始まりは2013年1月。キャメロン首相(当時)が...

2017年1月23日

ホット・トピックス

Brexitの進捗状況と今後の課題

Brexitの進捗状況と今後の課題

2016年6月に決定したBrexitの現在までの進捗状況と今後の課題について解説する。メイ首相は、2016年7月の就任時の演説で、"Brexit means Brexit"と宣言したが、その後、自身の考えを公式に説明することなく、12月には国旗の色で表現した、a "red, white, and blue Brexit"と、曖昧なスローガ...

2016年6月20日

ホット・トピックス

「Brexit」とその影響について

「Brexit」とその影響について

6月23日に行われる英国のEU離脱(Brexit)を問う国民投票について解説する。今回の国民投票は2013年初頭にキャメロン首相が2015年の総選挙のマニフェストでEU離脱に関する国民投票の実施を公約したことに端を発する。2016年2月にEU首脳会議で英国にとって有利な改革案が全会一致で合意されたことを受け、6月23日の国民投票が決定した...