鈴木 直美|マーケットチーム長 シニアアナリスト

所属:経済部
研究・専門分野:コモディティ (貴金属、非鉄金属)

メディア活動情報

2018年12月7日(金)

『日本経済新聞』に、シニアアナリスト 鈴木 直美のコメントが掲載されました。

◆25面 「パラジウム価格上昇、スポットは金逆転、先物でも視野」

2018年12月5日(水)

『日刊工業新聞』に、シニアアナリスト 鈴木 直美のコメントが掲載されました。

◆22面 「非鉄金属相場、全面高 米中協議、追加関税の発動猶予を好感」

2018年11月20日(火)

『日刊工業新聞』に、当社シニアアナリスト 鈴木 直美のコメントが掲載されました。

◆24面 「パラジウム上昇基調 生産量伸び悩み、供給不足続く」

2018年11月20日(火)

『日本経済新聞』に、当社シニアアナリスト 鈴木 直美のコメントが掲載されました。

◆17面 「パラジウム上場来高値 東京先物 供給不足感強まる」

2018年11月5日(月)

毎日新聞出版『週刊エコノミスト』2018年11月13日号に、当社シニアアナリスト 鈴木 直美が寄稿しました。

◆P.84 ザ・マーケット 「金・白金・パラジウム:金は底堅さ増す」

サイト内記事

2018年2月5日

コモディティ・レポート

コモディティ・レポート 2018年2月号 ~世界同時好況・ドル全面安で商品価格上昇に弾み~

コモディティ・レポート 2018年2月号 ~世界同時好況・ドル全面安で商品価格上昇に弾み~

2018年1月の商品市況は世界好況による需要拡大期待、ドル安、インフレ加速観測等を追い風に上昇。バリュエーションが割高になった株式や債券などからファンダメンタルズが良好なエネルギー・金属関連商品への資金循環もあったとみられ、ブレント原油70ドル、銅7,000ドル、金1,300ドルなど次々と節目の水準を突破。Bloomberg商品指数は終値...

2017年7月18日

調査レポート

自動車EV化進展を見守る非鉄金属市場

自動車EV化進展を見守る非鉄金属市場

自動車電動化の流れが加速している。2015年12月に世界196の国地域によって採択され翌年11月に発効したパリ協定に関して、2017年6月初旬にトランプ米大統領が離脱を表明し物議を醸したが、米国内の州や企業、諸外国からは協定順守の意向が確認され、マクロン仏大統領が「Make Our Planet Great Again」と応酬して喝采を浴...

2017年4月6日

調査レポート

アジアの金市場で起こっていること

アジアの金市場で起こっていること

主力調査機関が発表した最新金需給統計によると、2016年金需要はETF以外の全項目で前年割れとなった。トランプ、Brexit、欧州選挙、地政学的緊張など多様なリスクが警戒され、金への強気論調が多い割に相場が盛り上がりを欠くのは、弱いファンダメンタルズを反映しているのかもしれない。特に、二大金消費国である中国・インドの需要不振が目立つが、数...

2017年2月3日

調査レポート

インドネシア、未加工鉱石の禁輸措置で一部政令改定

インドネシア、未加工鉱石の禁輸措置で一部政令改定

1月12日夕刻、インドネシア政府は「鉱業事業活動に係る2017年第1号政令」を11日付で公表。2017年1月12日から発効予定だった鉱石禁輸措置について修正が行われた。資源の政府管理強化・国内付加価値化を推進する新鉱業法の基本原則は変わらないが、今回の政令により同日付での鉱石完全禁輸が延期され、一定の条件を満たすことで5年間は鉱石輸出が認...

2016年12月16日

コモディティ・レポート

コモディティ・レポート 2016年12月号・2017年1月合併号 -2016年概況/2017年見通し

コモディティ・レポート 2016年12月号・2017年1月合併号 -2016年概況/2017年見通し

◆相場回顧:長期低迷からの脱却 2016年の国際商品市場は、センチメントの様変わりを体感した年となった。年初の時点では、低価格による商品市場の需給調整が思うように進まず、長期価格低迷(Lower for Longer)が不可避とのコンセンサスが市場を支配していた。新年相場は中国株・人民元急落ショックで幕開け、世界経済の先行きに影を落とすな...

2016年11月7日

調査レポート

静かに進むアルミ市場の構造変化

静かに進むアルミ市場の構造変化

2016年10月、上海アルミ先物価格は2年ぶりに高値に到達。中心限月の2016年12月限はトン当たり14,285元と月間で14%もの上昇となり、LME価格の上昇を主導した。これまでアルミ市場では在庫過剰と中国の過剰生産、貿易摩擦ばかりに注目が集まりがちだったが、中国主導で思わぬ高値を示現したことで、静かに進んでいた構造変化とその影響に市場...

2016年10月7日

調査レポート

フィリピン鉱山監査の結果発表

フィリピン鉱山監査の結果発表

フィリピンでは6月30日に元ダバオ市長のドゥテルテ氏が新大統領に就任した。ドゥテルテ大統領は鉱業が国内の環境汚染の原因になっているとの認識から、「責任ある鉱業(Responsible Mining)」の推進を鉱業界に強く求め、頑強な環境保護派で知られるレジーナ・ロペス氏を環境天然資源省(DENR)大臣に指名。新政権発足から間もない7月8日...

2016年10月7日

調査レポート

原料炭価格急騰

原料炭価格急騰

典型的な「夏枯れ」相場だった今夏の商品市場において、目を見張る価格上昇を遂げ大きな注目を集めた商品が原料炭だ。鉄鋼原料のコークスの主原料となる原料炭(高品位強粘結炭)の価格は2011年のピーク330ドル/トン前後から下落が続いたが、2015年末にかけ80ドルを割り込む水準で大底を打ち、2016年は持ち直しの動きへと転じていた。だが、8月以...

2016年9月7日

コモディティ・レポート

コモディティ・レポート 2016年9月号 ~世界情勢には我関せずの夏枯れ相場~

コモディティ・レポート 2016年9月号 ~世界情勢には我関せずの夏枯れ相場~

7月は、英メイ首相の就任、仏ニースのテロ事件、米ダラス銃撃事件、トルコのクーデター未遂、米トランプ氏の共和党代表確定など、政治社会面で大きな動揺が生じた。世界が直面するイスラム過激派のテロ、ポピュリストの台頭、反グローバリゼーションなどの課題が短期間で一気に表面化する異常事態だったといえる。だが、国際商品市況はこうした不穏な空気を尻目に、...

2016年7月19日

ウィークリー・トピックス

BREXIT決定後に再燃した欧州金融不安

BREXIT決定後に再燃した欧州金融不安

英国のEU離脱(Brexit)決定後、欧州で金融不安が再燃している。英国は6月23日の国民投票でEU離脱を選択し、世界に衝撃を与えた。最短でも2年とされる離脱プロセスは見通しが立ちにくく、国際政治・経済の両面にも不確実性が高まることで英国、欧州ひいては世界経済の下押しになる公算が高まっている。低成長と低金利は銀行収益を圧迫するが、これがさ...