住田 孝之|代表取締役社長

社長プロフィール

住友商事グローバルリサーチ株式会社 代表取締役社長
住友商事株式会社 常務執行役員 企画グループ長 CSO


【略歴】

1985年東京大学法学部を卒業、通商産業省(当時)に入省。米国ジョージタウン大学外交大学院卒業(1993年)。
IT、イノベーション、知的財産、無形資産、環境・エネルギー、税制・社会保障、企業開示、商務流通、保安、FTA交渉など幅広い分野での政策企画・立案に携わる。 海外勤務は2009年から13年までベルギーにて、JETRO産業調査員、日本機械輸出組合ブラッセル事務所長を務める。
2019年12月 住友商事株式会社顧問、2021年4月から執行役員(2013年4月常務執行役員)兼 住友商事グローバルリサーチ株式会社社長。2024年4月より現職。サステナビリティ関連では、2022年までWICI(世界知的資本・資産イニシアティブ)会長を務め、現在はIFRS財団のIRCC(統合報告と結合性のカウンシル)メンバーを務める。


メディア活動情報

2024年1月15日(月)

『Japan Innovation Review』 Powered by JBpressサイトに、当社社長 住田 孝之が2023年11月16日に開催されたHRテクノロジーコンソーシアム主催の特別プレミアムセッション「人的資本経営の新たな地平:人的資本と価値創造ストーリーの重要性」に登壇した際の内容が掲載されました。

◆「誰にも響かない残念な「人的資本開示」、一体何が足りないのか? 非財務戦略のパイオニアが教える「価値創造ストーリー」の見つけ方」

2024年1月15日(月)

『ブレーンズ』2024年1月17日号(No.2512)に、当社社長 住田 孝之が開催した『2024年の世界情勢・経済見通し』説明会の内容が掲載されました。

◆P.24 Voice「『2024年の世界情勢・経済見通し』を発表した住友商事グルーバルリサーチ」

2024年1月5日(金)

『日刊工業新聞ニュースイッチ』に、当社社長 住田 孝之のコメントが掲載されました。

◆「地政学リスク一段と高まる…日本企業はどうするか、急がれる事業戦略の立て直し」

2024年1月1日(月)

『日刊工業新聞』に、当社社長 住田 孝之のコメントが掲載されました。

◆32面 「つなぐ/高まる地政学リスク、世界で供給網再構築」

2024年1月1日(月)

『日刊工業新聞』に、当社社長 住田 孝之のコメントが掲載されました。

◆6面 「つなぐ/世界景気の大転換期 デフレ脱却、持続的成長に挑む」

サイト内記事

2024年4月8日

社長コラム

リニア

リニア

 3月29日に、JR東海がリニア中央新幹線の品川~名古屋間の開業を2027年から延期することを発表しました。開業は、2034年以降になるとのことです。その一つの要因となったのは静岡県内での工事が順調に進まないことですが、反対の急先鋒であった川勝静岡県知事は4月1日の入庁式での職業差別発言をきっかけに翌日辞任を表明しました。それでも、品川~...

2024年3月4日

社長コラム

ちょっと一息

ちょっと一息

世界中で起きる事象を追いかけていると、目の前のことばかり気になるので、少し目線を変えて。先日、奈良県内の古墳をいくつか見てきました。古墳時代といわれているのは3世紀ころから7世紀ころで、古墳の周辺には多くの埴輪が飾られていたといいます。特に天皇家に関連する古墳は宮内庁がしっかり整備している様子でしたが、今から1,500年以上も前のものでも...

2024年2月6日

社長コラム

スエズとパナマ

スエズとパナマ

今年は、国内で「2024年問題」と称して物流に関するリスクの顕在化が心配される年ですが、年明け以来、世界の物流にも暗雲が立ち込めています。昨年末の「2024年の世界情勢・経済見通し」でも触れましたが、パナマ運河が渇水の影響を受けて通行量を通常レベルから3割程度減らしていることが懸念事項でした。そして、中東におけるイスラエルとパレスチナの戦...

2024年1月25日

調査レポート

Global Situation and Economic Outlook in 2024 ~The World at a Turning Point~

Global Situation and Economic Outlook in 2024 ~The World at a Turning Point~

Sumitomo Corporation Global Research Co., Ltd., as a think tank of Sumitomo Corporation Group, has decided to prepare and publish a publicly released version of the 2024 ...

2024年1月17日

社長コラム

コミュニケーション

コミュニケーション

年明け早々、痛ましい惨事が続きました。地震と航空機の事故で犠牲になった方にお悔やみ申し上げるとともに、今も苦労されている方達が、1日も早く回復され、元気になられること、そして被災地の復旧、復興を心から祈念します。 さて、能登半島地震では、速報を伝えたNHKのアナウンサーの叫びが話題になり、羽田の航空機事故では、管制と機長のやり取りが注目を...

2023年12月20日

調査レポート

「2024年 世界情勢・経済見通し」~転換点を迎える世界~

「2024年 世界情勢・経済見通し」~転換点を迎える世界~

住友商事グローバルリサーチ(株)は、住友商事㈱のシンクタンクとして「2024年 世界情勢・経済見通し」の対外公表版を作成し、公表することにしました。今回のタイトルは、「~転換点を迎える世界~」です。なお、この見通しは、当社としての見解を示すもので、住友商事(株)とは独立して作成しているものです。

2023年12月19日

社長コラム

リスクを序列化する

リスクを序列化する

年末が近づき、来年の世界情勢・経済見通しを発表・ご説明する時期になりました。東京以外も含めていろいろな方々に説明し、議論しながら、気づいたことの一つは、このコラムにゴーストライターがいるのではないか疑惑?が意外にあること。いつも苦労しながら自分で書いているのですが、「コラム」という名前のわりにちょっと固めなので、そんなふうに感じる方がいる...

2023年11月28日

社長コラム

中東

中東

10月7日にハマスがイスラエルを急襲して始まった今回の戦争。1か月半以上が経過して、双方に多くの犠牲者が出ていますが、ようやく人質の一部解放と4日間の戦闘停止という新しい段階に進みました。内政のごたごたに気を取られていたのか、諜報機関の機能不全だったのか、当初、不意打ちを食らった形になったイスラエルは、ハマスの殲滅(せんめつ)を目指してい...

2023年11月7日

社長コラム

ネイチャーポジティブ

ネイチャーポジティブ

例年10月に福岡県の宗像大社にて開催される「宗像国際環境会議」。10回目を迎えた2023年もスピーカーとして参加してきました。地球温暖化による宗像の海の大きな変化、特に対岸からのものが目立つプラスチックを含む海洋ゴミの大量漂着などで地域の危機感が高まる中、宗像大社の宮司をはじめ、自然への尊敬と畏怖にあふれた各界のリーダーたちが集うことで、...

2023年10月11日

社長コラム

マテリアリティ

マテリアリティ

住友商事も9月末に2023年版の統合報告書を発行しましたが、その作成の過程でも、サステナビリティ経営のコンテクストでも、よく話題になるのが「マテリアリティ」です。そもそもこの言葉が最初に日本でも使われるようになったきっかけが、CSRマテリアリティ、すなわち、CSRのコンテクストでその会社にとって「何がマテリアル(重大)か」ということだった...