住田 孝之|代表取締役社長

社長プロフィール

住友商事グローバルリサーチ株式会社 代表取締役社長
(住友商事株式会社 執行役員)


【略歴】

1985年東京大学法学部を卒業、通商産業省(当時)に入省。米国ジョージタウン大学外交大学院卒業(1993年)。
IT、イノベーション、知的財産、無形資産、環境・エネルギー、税制・社会保障、企業開示、商務流通、保安、FTA交渉など幅広い分野での政策企画・立案に携わる。 海外勤務は2009年から13年までベルギーにて、JETRO産業調査員、日本機械輸出組合ブラッセル事務所長を務める。
2019年12月 住友商事株式会社顧問、2021年4月から現職。 無形資産、企業開示の分野では、WICI(世界知的資本・資産イニシアティブ)会長として、VRF(価値報告財団)戦略委員会メンバーを務める。


メディア活動情報

2022年1月8日(土)

17:00~20:00、オンラインイベント『東海サーキュラーエコノミー推進事業<知財活用>プロジェクト「東海エリアの循環型経済のあり方を描く」』に当社社長 住田 孝之が登壇しました。

◆ 18:45~19:25 パネルディスカッション「東海エリアで循環型経済のあり方を描くということ」

2021年12月13日(月)

『ブレーンズ』2021年12月15日号(No.2413)に、当社社長 住田 孝之の取材対応記事が掲載されました。

◆P.5~7 「住友商事グループの事業の発展に寄与する存在として  社内外との様々な対話を重視する住友商事グローバルリサーチ」

2021年11月27日(土)

9:00~16:00、『知的資産経営WEEK2021』に当社社長 住田 孝之が登壇しました。

◆9:05~11:00「第1部 コーポレートガバナンスコードと知的財産・知的資産の開示」

2021年11月14日(日)

10:30~11:25、RKB毎日放送『サンデーウォッチ』に当社社長 住田 孝之が出演しました。

◆「くらし情報」や「経済ニュース」

2021年11月1日(月)

11月1日(月)~13日(土)に開催された『渋谷COP2021』にて、当社社長 住田 孝之が登壇しました。

◆11月1日(月)15:00~16:00トークセッション「若者だからできるサステナブル&イノベーション」

サイト内記事

2022年1月18日

社長コラム

試される米国

試される米国

国内で与野党間の対立に加え、肝いりの歳出法案であるBuild Back Better法案では民主党の一議員の説得工作もままならず、新型コロナの感染状況の悪化やインフレ懸念など、厳しい状況のバイデン大統領。外交面でも、国内基盤の脆弱さを見透かすかのように、各国から揺さぶりをかけられ、試されているように見えます。

2021年12月22日

調査レポート

2022年「世界情勢・経済見通し」 ~波乱含みの回復、内を向く大国が創る新秩序~

2022年「世界情勢・経済見通し」 ~波乱含みの回復、内を向く大国が創る新秩序~

住友商事グローバルリサーチ㈱は、住友商事㈱のシンクタンクとして、2022年「世界情勢・経済見通し」の対外公表版を作成し、公表することにしました。今回のタイトルは、「波乱含みの回復、内を向く大国が創る新秩序」です。なお、この見通しは、当社としての見解を示すもので、住友商事㈱とは独立して作成しているものです。

2021年12月20日

社長コラム

2022年のEU

2022年のEU

ドイツのメルケル首相が引退し、12月8日にショルツ新政権が発足しました。社会民主党、自由民主党、緑の党の3党の連立です。注目されるのは、外務大臣に就任したベーアボック氏など緑の党の動向です。人権、環境などを重視し、さっそく中国との関係では厳しい姿勢を示しています。もともと主張の異なる3党をショルツ首相がうまく束ねられるのか、それによって対...

2021年11月29日

社長コラム

~With コロナ~

~With コロナ~

10日ほど前、NYとロンドンにいる友人とコロナの話をした際、両都市ともに依然として新規感染者数はかなり大きな数字であるにもかかわらず、人出もかなり戻っており、マスクをしない人も増えているとのことでした。経済活動が回復している国では、今後の見通しについて日本人が述べる懐疑論がなかなか納得されないという話にも意外感がありました。感染者数の増加...

2021年11月9日

社長コラム

二兎は追えるか?

二兎は追えるか?

COP26が開催されています。各国の目標の修正で、今世紀中の気温の上昇を1.8度までに抑えることが可能との試算も出されています。気候変動は人類の活動が生態系にもたらしている負荷の結果とも言え、それを修正していくことは人類の存続に不可欠です。一方、温暖化を抑えるための世界の努力が、図らずも今年世界中で起きているエネルギー危機の一因ともなって...

2021年10月18日

社長コラム

風吹かざれば・・・・・・.

風吹かざれば・・・・・・.

世界中で電力不足やガス価格の高騰が起き、「エネルギー危機」といわれるような状況が続いていますが、その一因にもなったのは、今年は北海で風が弱かったことです。風が吹かないと風車が回らず、発電量が減り、電力が足りなくなる。英国のケースでは、10年前には3~4割を占めていた石炭火力のシェアは今やゼロ。再生可能エネルギーとガス火力がそれぞれ4割程度...

2021年9月28日

社長コラム

中国の変化

中国の変化

市場経済の一員となって急激な成長を遂げてきた中国ですが、ここにきて転換点を迎えているようにみえます。昨年以来、アリババなどをターゲットとした大手ハイテク企業への活動規制、テンセント等ネット系を中心にした独占禁止法による取締り強化などが相次ぎました。最近では、滴滴(ディディ)など個人情報を扱う企業へのサイバーセキュリティ規制の強化、教育と関...

2021年9月8日

社長コラム

タリバン

タリバン

8月にアフガニスタンでは、あれよあれよという間に首都カブールが陥落し、武装勢力タリバンが支配する状況となりました。この問題は、8月末で軍の撤退を完了した米国のみでなく、アジア・中東・欧州など世界中の国々に影響があります。中国、ロシアがタリバンと接触しているということで欧州も複雑な動きをしています。一つのピースが動いたことで、世界の国々がそ...

2021年8月23日

社長コラム

集中力

集中力

コロナ禍の下で開催された東京五輪。スポーツが大好きな私も、いろいろな種目をテレビ観戦し、名場面に感動し、大会を支えるスタッフに感謝しながら、集中力を持続することの大切さ、難しさ、持続のためのヒントについて多くの気付きを得ました。卓球の混合ダブルスで、水谷隼選手と共に初めて中国ペアを破り金メダルに輝いた伊藤美誠選手。その彼女ですら翌日の個人...

2021年7月26日

社長コラム

世界のカーボンプライシング

世界のカーボンプライシング

 7月は、温暖化対策の中でも「カーボンプライシング」[*1]に関連する注目すべき動きが世界中で相次ぎました。14日には、欧州委員会が2030年のCO2排出量55%削減(1990年比)を実現するための政策パッケージを発表しました。EU-ETS(排出量取引システム)の陸上交通・建築部門への拡大は、燃料や電力・ガスの最終需要家である国民の負担に...