デイリー・アップデート

2020年2月17日 (月)

[日本] 2019年第4四半期の実質GDP成長率は前期比▲1.6%(年率換算▲6.3%)と5四半期ぶりのマイナスだった。消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動減や台風、暖冬、米中貿易戦争などの影響が出た。第2四半期の10連休などの影響もあって、駆け込み需要の大きさのわりに反動減が目立った。焦点は、2020年第1四半期にプラス成長に回復できるか。1月下旬からの新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響が懸念されている。

[メキシコ] 2019年12月の鉱工業生産は前月比▲0.3%となり、11月の一時的な回復から反落し、下落トレンドに戻った。鉱業のみ下落し、それ以外の製造業、建設業、ユーティリティは全て比較的堅調な結果だった。

[台湾] 台湾のフェンタイ社はスポーツ製品の受託生産会社。高品質と技術開発力を特徴としており、売上の8割はナイキ社向けで、ナイキ社のスポーツシューズの1/6を製造。現在、フェンタイ台湾本社は、製造技術とデザインのみを担当し、生産は、ベトナム5、インド3、インドネシア1、中国1の割合で海外工場に配分している。同社の株価は、東京五輪の追い風で、2019年5月に過去最高の255台湾ドル(約931円)に達し、同業他社を大きく上回った。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

12人が「いいね!」と言っています。
<  2020年2月  >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29