デイリー・アップデート

2019年8月28日 (水)

[ウクライナ] 8月29日、最高会議(国会、定数450)が、7月に実施された議会選後初めて開会する。5月に就任したゼレンスキー大統領の新党「国民の奉仕者」が単独過半数の議席を握ることになり、この日、首相なども含め、新内閣の顔ぶれが発表される予定。新内閣は今後、汚職撲滅や民営化の促進、農地売買改革などに取り組むと思われる。

[中国] 8月27日、国務院は、「流通の発展を加速し商業消費を促進することに関する意見」で20項目の消費拡大策を発表した。内容は、IT技術を活用した流通業の発展奨励、ショッピング・プロムナードのインフラの改造、コンビニチェーンの発展促進、コールドチェーンを活用した国産農産品の流通促進、自動車の購入を制限している都市での規制緩和、旧式家電製品の下取りとエコ・フレンドリーな家電への更新奨励、夜間・休日の消費促進、流通コスト低減、財政支援、金融支援など広範囲。各項目に担当部署を明記。

[エジプト] 2015年以降対外債務は継続して増加しており、2019年第1四半期には1,000憶ドルを超えGDP比で約35%に達した。一方、外貨準備高も2016年の160憶ドルから現在440億ドルまで増加しており、現状今後1年の対外資金需要以上の水準。実効為替レートは過去数年上昇しているが、2016年の通貨切り下げ以前と比べるとまだ15%も低いレベル。数年前GDP比7%だった経常赤字は直近でわずか1%にまで縮小している。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

12人が「いいね!」と言っています。
<  2019年8月  >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31