デイリー・アップデート

2020年2月27日 (木)

[レバノン] レバノン政府の要請によりIMFが同国を訪問し、債務再編に関する助言を行った。レバノンは対外債務がGDP比150%以上に積み上がる危機的財政状況の中、通貨安や高インフレに悩まされているが、3月9日には12億ドルのユーロ債の償還期限が迫っており、政府のデフォルト・リスクが指摘されている。しかし、レバノン議会の過半数議席を押さえているヒズボラは、財政支援と引き換えにIMFがレバノンの経済政策を管理することに反対している。

[タイ] 2月25日、観光・スポーツ省は、2020年1月の外国人旅行者数を発表。前年同月比2.5%増の381万155人と、8カ月連続で伸びがプラスになった。中国(同▲3.7%)、韓国(同▲3.5%)、インド(同▲2.6%)は前年同月比で減少したものの、中国政府が海外への団体旅行を禁止したのは1月27日からだったため新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響はさほど大きくなかったとみられる。一方、中国に次いで2番目に多いマレーシアは同20.6%増の32万8,488人と大幅に伸び、3番手のロシアも同11.2%増の25万5,320人と2桁の伸びを記録した。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

12人が「いいね!」と言っています。