デイリー・アップデート

2021年6月7日 (月)

[ドイツ] 6月6日に行われたザクセン・アンハルト州議会選挙の結果、キリスト教民主同盟(CDU)が2016年州議会選挙より7%pt増の約37%の得票率で勝利した。事前の世論調査でCDUと拮抗しているとみられていた極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」は前回の25%から今回は21%と伸び悩んだ。CDUが勢いを回復したとみられる一方、同州のハーゼロフ首相がCDU所属ながらもCDU上層部とやや距離を置いていることが得票率の回復につながったという見方もある。

[中国/ハンガリー] ハンガリーの首都ブダペストに中国の復旦大学がキャンパスを開設する計画に対し、6月5日、数千人が参加し抗議のデモ行進を行った。この計画が国内の高等教育を弱体化させ、中国共産党当局の影響力を増大させるとしている。ブダペスト市長は、先週、キャンパス予定地周辺の通りを「ダライ・ラマ通り」「フリー香港通り」「ウイグル殉教者通り」などに改名すると発表していた。

[米国] 労働省によると、5月の非農業部門雇用者数が前月から55.9万人増加した。4月の27.8万人増から加速している。娯楽・ホスピタリティ業の29.2万人増など、経済活動の正常化によって、雇用者数も増加しつつある。失業率は5.8%と前月から0.3pt低下した。今後、多くの州で失業給付の特別加算が打ち切られることや、9月から新学期の対面授業が再開することもあって、職場に復帰する人が増加するとみられる。

[日/ロ] 6月5日、日ロ経済協力に関する官民による「日露ビジネス対話」が、ロシア・サンクトペテルブルクで開催中の国際経済フォーラムに合わせて、約2年ぶりに再開された。両国関係者はポストコロナに向けた日ロ関係について意見を交わし、医療・輸送・ITなどの関連事業で今後の日ロ経済関係をさらに強化することで一致した。日ロ間の貿易額は2020年、パンデミックなどの影響で前年比20%以上の大幅な減少を記録している。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

13人が「いいね!」と言っています。