デイリー・アップデート

2021年11月16日 (火)

[中国] 11月15日、国家統計局が発表した2021年10月の鉱工業生産額と小売売上高は前年同月比で増加した一方、1~10月の固定資産投資は前年同期比で鈍化した。うち不動産投資は政府による投機抑制策が影響した。鉱工業生産額は前年同月比+3.5%となり、伸び幅は前月から0.4ポイント拡大。小売り売上高は同+4.9%となり、伸び幅は前月から0.5ポイント拡大。1~10月の固定資産投資(農村を除く)は前年同期比+6.1%、伸び幅は1~9月から1.2ポイント鈍化した。

[中国] 国家統計局が、11月15日に発表した本年10月の不動産統計によると、前年同月比で、不動産開発投資額:▲5.4%、建物施工面積:▲27.1%、建物新規着工面積:▲33.1%、不動産販売面積:▲21.7%、不動産販売高:▲22.7%と、大幅な前年割れが止まっていない。70都市の不動産販売価格変動状況では、前月比で価格指数が低下した都市数が、新築住宅で、8月:20都市、9月:36、10月:52、中古住宅では、8月:34、9月:52、10月:64と増加傾向が止まらず、2015年1月以来の最多を記録。アナリストは、年内か来年初の底打ちを予測。

[中国] 11月14日、国家インターネット情報弁公室は「ネットデータ安全管理条例」草案を発表し、パブリックコメントを募集している(12月13日まで)。個人や組織が「越境データセキュリティゲートウェイを透過・迂回するためにインターネット接続・サーバーホスティング、技術サポート、…アプリケーションのダウンロード等のサービスを提供してはならない」とされており(第41条)、「グレート・ファイアーウォール」を乗り越えるためのVPNサービスが利用できなくなる可能性がある。

[アルゼンチン] 11月14日、フェルナンデス左派政権の前半2年間について有権者が審判を下す中間選挙が実施され、上院の3分の1の議席(24議席)と下院の半分の議席(127議席)が改選された。最大政党の正義党(ペロン党)を中心とする与党連合「全国民のための戦線」は上院で多数党の立場を約40年ぶりに失う一方、野党・中道右派連合「フントス(共に)」は議席を伸長。任期後半の2年間、フェルナンデス左派政権が厳しい政権運営を強いられることは確実。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

14人が「いいね!」と言っています。