デイリー・アップデート

2021年11月18日 (木)

[お休みのお知らせ] 2021年11月19日のデイリーアップデートはお休み致します。

[タイ] 11月15日、2021年7-9月期の実質GDP成長率が前年同期比▲0.3%だったと発表された。前期(同+7.6%)からマイナスに転じた。新型コロナウイルス感染の急拡大に伴い、7-9月期に厳格な活動制限が続いたことが影響した。一方、外需は順調に回復しており、感染状況もワクチン普及もあって8月中旬にはピークアウトし、改善に向かっている。今後、活動制限の緩和と観光の再開により経済の回復が進むと予想される。

[米国] バイデン大統領は、11月15日に「インフラ投資・雇用法案」に署名し同法案が正式に成立したことを受けて、有権者に対して公約の実現を訴える目的で国内遊説を開始した。法案成立翌日の16日にニューハンプシャー州を訪れ、老朽化した鉄橋上で演説してインフラの改修を訴えた。翌17日にはミシガン州デトロイトにある米大手自動車メーカーGMの電気自動車(EV)工場の開所式に出席し、米国製EVへの投資の必要性を強調した。

[ロシア] 11月17日、連邦統計局は、2021年7~9月期の国内総生産(GDP)が前年同期比で+4.3%(速報値)だったと発表した。天然ガスや石油の価格上昇が寄与したほか、個人消費が回復した。プーチン大統領は11月12日、2021年の経済成長率が最大で+4.7%と、13年ぶりの高水準になる可能性があるとの見通しを示した。

[中国] ロイター(11月17日付)が、中国で11月から「個人情報保護法」が導入されたことにより、中国領海を航行する船舶の追跡や海事情報入手が困難になっていると報じている。クリスマスの繁忙期に向けて、中国の港の混雑状況や出荷場所に関するデータ入手に遅れが出ることで、大きな問題を引き起こす懸念がある。AIS(Automatic Identification System)データプラットフォームを有する北京の企業 Elane Inc.は、最近、外国企業との取引を全て停止したとしている。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

14人が「いいね!」と言っています。