デイリー・アップデート

2021年11月24日 (水)

[ロシア] 11月22日、先端産業育成を目的にしたロシア政府系の投資ファンドRosnanoは過剰な債務を負っていることから、債務不履行に陥る可能性があると報道されたため、ロシア株式市場や通貨ルーブルが下落した。また、市場ではウクライナ情勢に対する懸念が根強く、ロシアがウクライナとの国境沿いで再び軍備を増強しているとの報道もあった。

[米国] 11月24日、バイデン政権は日、英、印、韓、中の5カ国と協調しつつ戦略石油備蓄(SPR)の一部放出を決定。米国内でもガソリン等のエネルギー価格が上昇する中、バイデン政権に対してエネルギー価格引き下げを求める政治圧力が高まっていた。今月17日にはバイデン大統領は連邦取引委員会(FTC)のカーン委員長に対し石油会社が不正に石油価格を引き上げていないか調査するよう書簡を送付しており、エネルギー価格上昇に相次いで対応している。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

14人が「いいね!」と言っています。