デイリー・アップデート

2022年5月12日 (木)

[北朝鮮] 5月12日、朝鮮中央通信社は、北朝鮮でのオミクロン株感染例の発生を報じた。同国が新型コロナ患者の発生を公式に認めたのはこれが初めて。人数の報道はない。8日に平壌の発熱患者から採取したサンプルの分析結果、オミクロン亜型BA.2の感染を確認した。12日、金正恩総書記が主宰した朝鮮労働党中央政治局会議では、朝鮮国家応急指揮部の指示の下、同国最高レベルの緊急検疫制度である国家検疫プランを実施することが決定された。

[イスラエル/パレスチナ] 5月11日、カタールの衛星TV局アルジャジーラのジャーナリストが、パレスチナ自治区西岸地区でのイスラエルの軍事作戦を取材中に頭部に銃弾を受けて亡くなった。同氏は米国籍を持つパレスチナ人。銃撃はイスラエル軍によるものとみられるが、イスラエル政府はパレスチナ側の銃弾だった可能性もあるとしてイスラエル/パレスチナ両者による合同調査を提案したものの、パレスチナ側はイスラエル軍による犯罪の調査にイスラエルが関与することを拒否するとして、独立した第3者による調査を要求している。

[米国/ロシア] 5月10日に上院銀行・住宅・都市問題委員会はイエレン財務長官を証人に迎えて公聴会を開催した。イエレン財務長官は既に発動された対ロシア追加制裁の効果について、ロシアは追加制裁による経済の痛みを感じており、ロシア経済が景気後退局面に入っているのは明らかであり、今年のインフレは約20%と証言し、バイデン政権や西側諸国が発動している対ロシア追加経済制裁は効果を上げているとの認識を示した。

[米国] 労働省によると、4月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比+8.3%となり、3月の+8.5%から伸び幅を縮小させた。2021年の4月から4%超の物価上昇が継続している中で、ピークアウトする兆しも見えつつあるようだ。また、前月比は+0.3%となり、3月の+1.2%から減速、2021年8月以来の低水準となった。ガソリン価格が▲6.1%と一時的に低下したことも影響した。しかし、物価上昇率が依然として高水準であることに変わりはない。

[ウクライナ/ロシア] 5月11日、ロシア南部のウクライナ国境に近いベルゴロド州で、ウクライナ側からの砲撃により州内の村で1人が死亡、6人が負傷したと地元当局が明らかにした。一部のロシアメディアは、ロシアによる侵攻後、ウクライナの砲撃によりロシア領内で死者が出たのは「初めて」と報じた。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

14人が「いいね!」と言っています。