アントン ゴロシニコフ|シニアアナリスト

所属:国際部
研究・専門分野:ロシア・旧ソ連諸国、東欧

【略歴】

ロシア出身。サンクト・ペテルブルク国立大学、東洋学部を卒業。
2004年に来日、2008年に住友商事グローバルリサーチ(当時住友商事総合研究所)入社。

メディア活動情報

2020年6月19日(金)

ロシア極東連邦大学(ウラジオストク)日本学講座学生向けに、当社シニアアナリスト アントン ゴロシニコフがWeb講義を実施しました。

◆「総合商社・住友商事と日本経済の最新情勢」

2018年3月12日(月)

5:45~7:05、テレビ東京『Newsモーニングサテライト』に当社シニアアナリスト アントン ゴロシニコフが出演しました。

◆「新興国アップデート」コーナー:「ロシア経済」

◆「MORNING SATELLITE きょうのオマケ

2017年9月11日(月)

5:45~7:05、テレビ東京『モーニングサテライト』に当社シニアアナリスト アントン ゴロシニコフが出演しました。

◆「新興国アップデート」コーナー:「ロシア経済」

MORNING SATELLITE きょうのオマケ

サイト内記事

2017年7月5日

調査レポート

チェコ共和国:2017年10月の下院選挙に注目 ~連立与党内でのパワーバランス変化か~

チェコ共和国:2017年10月の下院選挙に注目 ~連立与党内でのパワーバランス変化か~

チェコでは、2017年10月20~21日に下院(定数200)選挙が予定されている。足元の状況をみると、現職のソボトカ首相が率いる最大与党社会民主党(以下ČSSD、現在50議席)の支持率が低下しており、ČSSDと連立政権を組んでいるバビシュ前財務大臣兼第一副首相を党首とするANO2011(以下ANO、現在47議席)が今回の選挙で大躍進する可...

2016年12月12日

ホット・トピックス

プーチン大統領来訪:3つの課題と交渉の行方

プーチン大統領来訪:3つの課題と交渉の行方

今週木曜日、2016年12月15日にロシア・プーチン大統領が来日する。安倍首相の地元、山口県長 門市で首脳会談を行い、翌日12月16日に両首脳は東京に移動し、首相官邸で昼食を取りながら再度会談し、その後、共同記者会見を行う予定である。また同日、プーチン大統領の訪日にあわせて東京都内で両国の企業関係者などが参加する経済フォーラム「日露ビジネ...

2016年8月29日

ホット・トピックス

最近の日露関係について

最近の日露関係について

日露関係は2016年に入ってから、前向きに発展する兆しをみせている。5月に安倍首相が約2年ぶりにロシアを訪問し、ソチでプーチン露大統領と首脳会談を行った。それをきっかけに最近、ロシア要人来訪が相次いでおり、日露政府は両国間の経済協力に取り組む姿勢を強く示している。日露首脳は9月のウラジオストクでの東方経済フォーラムや中国でのG20サミット...

2016年2月29日

ホット・トピックス

英国のEU離脱(Brexit)

英国のEU離脱(Brexit)

2015年5月に行われた総選挙で保守党のキャメロン首相は、英国の欧州連合(EU)からの離脱(Brexit)を問う国民投票を2017年までに行うことを選挙公約として掲げていたが、2016年6月23日に実施されることに決まった。投票日まで約4か月となり、残留派と離脱派それぞれのキャンペーンがスタートした。

2015年12月21日

調査レポート

ロシア、対トルコ経済制裁を発動

ロシア、対トルコ経済制裁を発動

ロシア政府は、トルコ軍によるロシア機撃墜に対する報復措置として、2016年1月からトルコ産の農産品の輸入を禁止することを決めた。トルコ人を対象としたビザ免除措置の撤回や、ロシア人のトルコへの渡航禁止などの制裁措置も決定した。また、ロシア国防省は2015年12月2日、シリアやイラクで活動する過激派組織「イスラム国(IS)」による石油密輸にト...

2015年12月18日

ホット・トピックス

中国アフリカ協力フォーラム(FOCAC)

中国アフリカ協力フォーラム(FOCAC)

2015年12月、南アフリカのヨハネスブルクで「中国版TICAD」である「中国・アフリカ協力フォーラム(FOCAC)」の第6回会合が開催され、それに合わせて、12月4~5日に中国とアフリカの首脳会議が開催された。中国は今後、アフリカ支援として600億ドル(約7.4兆円)の資金を拠出すると表明した。中国の習近平国家主席は演説で、アフリカに対...

2015年3月12日

調査レポート

Sanctions on Russia: Do they work?

Western sanctions had a considerable impact on Russian economy, but they failed to reduce Putin's popularity at home and change his course on Ukraine. On the contrary, the Kremlin now has some le...