デイリー・アップデート

2019年6月13日 (木)

[米国/ポーランド] 6月12日、トランプ米大統領は、ホワイトハウスでポーランドのドゥダ大統領と会談した。ポーランドに米軍1,000人を増派して安全保障協力を強化することで合意した。米国産の液化天然ガス(LNG)の売買契約も結んだ。安保・経済面での協力関係を深めて、軍事的な脅威が高まるロシアをけん制した。

[フランス] 6月12日、フランスの国民議会でフィリップ首相がマクロン政権の今後の改革と戦略について、講演した。主要な内容は環境問題、減税、退職・失業保険制度の改革、議員定数の削減などであった。フィリップ首相によると、環境問題はマクロン政権の最優先事項になったという。今後12ヶ月間、政府は環境保護政策の強化を加速する方針。

[日本/バングラデシュ] 7月4日、第4回『日・バングラデシュ官民合同経済対話』が首都ダッカにて開催予定。ハシナ首相は5月に来日し安倍首相と会談した際、①日本・バングラデシュ包括的パートナーシップ、②自由で開かれたインド太平洋、③人的交流の拡大の推進を両政府で確認している。また、日本が南東部のマタバリ港開発やダッカでの高速鉄道建設などに向け、総額約1327億円の円借款を供与する交換公文を交わしている。

[自動車] 中国の5月の自動車販売は前年同月比▲16.4%と過去最大の減少率。11カ月連続で前年割れ。2020年までの遵守を求める新排ガス基準「国6」を一部の省が早めに導入したため準備期間が短すぎたこと、中低所得層の購買力低下等が原因として指摘される。新エネ車も失速。一方、インドの5月の新車販売は前年同月比▲18.4%と7カ月連続前年割れ。調査会社LMC Automotiveは世界の自動車市況について「(リーマンショック後の)『大不況』以来見られなかった持続的な下降局面」とコメント。Plattsは鉄鋼需要の押し下げ要因と指摘した。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

12人が「いいね!」と言っています。
<  2019年6月  >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30