メディア活動情報

活動実績

2020年3月27日(金)

『東洋経済ONLINE』に、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 渡辺 亮司のコラムが掲載されました。

◆「新型コロナで焦るトランプ大統領の危険な賭け ー 民主党バイデン氏は共和党の対策を毎日攻撃」

渡辺 亮司

2020年3月23日(月)

毎日新聞出版『週刊エコノミスト』2020年3月31日号に、米州住友商事会社ワシントン事務所長 高井 裕之が寄稿しました。

◆P.58 ワールド・ウォッチ~Washington DC「民主党予備選で「乱立」収束 穏健派の「見えざる手」動く」

 

2020年3月19日(木)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「バイデン氏「女性副大統領候補」の「要件」」

足立 正彦

2020年3月18日(水)

『日本経済新聞(電子版)』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆「LMEのリング取引停止、市場機能の維持が課題に」

本間 隆行

2020年3月14日(土)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「「バイデン優位」で膨らむ民主党「上院多数党奪還」の期待」

足立 正彦

2020年3月14日(土)

『日本経済新聞』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆16面 「非鉄、軒並み下落、銅、3年4カ月ぶり安値、国際相場、中国の需要回復なお時間」

本間 隆行

2020年3月10日(火)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「穏健中道派「一本化」で「バイデン優位」となった民主党指名争い」

足立 正彦

2020年3月10日(火)

『「言論NPO」』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のインタビュー記事が掲載されました。

◆「民主党が勝利するためには、党内の分断を乗り越え、中道派と左派がいかに政策の融合を図るかがポイントに」

足立 正彦

2020年3月9日(月)

毎日新聞出版『週刊エコノミスト』2020年3月17日号に、当社シニアアナリスト 鈴木 直美が寄稿しました。

◆P.63 ザ・マーケット 「金 需要根強く高値圏」

鈴木 直美

2020年3月8日(日)

『日経ヴェリタス』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆16面 COMMODITY「銅が軟調、実需に不安、ファンド売り越し、6カ月ぶり高水準」

本間 隆行

2020年3月8日(日)

『東洋経済ONLINE』に、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 渡辺 亮司のコラムが掲載されました。

◆「米民主党が選ぶのはバイデンかサンダースか ースーパーチューズデー後の指名争いの行方」

渡辺 亮司

2020年3月5日(木)

日本政策金融公庫『調査月報』に寄稿しました。

◆P.39 世界のあれこれビジネス情報便 第33回「石油からの脱皮 サウジアラビア」

 

2020年3月4日(水)

『日本経済新聞』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆19面 「LME銅が続伸、協調金融緩和の思惑」

本間 隆行

2020年3月4日(水)

『日経産業新聞』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆9面 「原油や穀物、一段安、新型コロナで経済活動停滞」

本間 隆行

2020年3月2日(月)

金融ファクシミリ新聞・GM版に、当社シニアエコノミスト 片白 恵理子が寄稿しました。

◆国際面① 「中国の中南米経済戦略 新型コロナウイルスの影響拡大へ」

片白 恵理子