デイリー・アップデート

2019年5月8日 (水)

[米/中] 1999年5月7日、コソボ紛争のさなか、米軍のB-2爆撃機が当時の駐ユーゴスラビア中国大使館を誤爆し、中国人記者3名が死亡、20数名が負傷する事件が発生したが、今年は20周年の追悼式典がベオグラードの誤爆跡地で行われた。中国の官製メディア「環球時報」は、「大使館爆撃から20年、歴史を忘れることは許されない!」との記事を掲載、追悼式典の模様、「誤爆」に対する疑念、この20年間で科学技術や国防面で中国がいかに発展を遂げたか、などに言及した。

[ミャンマー] 5月7日、ミャンマー政府は、「ロヒンギャ」問題の取材に関し国家機密法違反の罪で有罪判決を受け(4月23日の最高裁での上告棄却により確定)、収監されていたロイター通信のミャンマー人記者2人に対し、大統領令による恩赦を与え、同記者らは釈放された。国連や欧米諸国からの「報道の自由の侵害」とする批判に配慮したものとみられる。

[EU] 5月7日、欧州委員会は経済見通しを発表した。それによると、2019年のユーロ圏のGDP成長率は+1.2%と前回2月見通しから0.1pt下方修正、2018年の+1.9%に比べて減速となった。ユーロ圏平均を下回ったのはドイツ(+0.5%)とイタリア(+0.1%)であり、経済規模の大きいこれら2か国の減速がユーロ圏経済の重石となっている。2020年にはドイツが+1.5%成長へと回復することもあり、ユーロ圏全体も+1.5%と前年から再加速する見通し。ただし、イタリアが+0.7%と低成長であり、財政問題も残るため、先行きリスクが残存している。

[チリ] 3月の経済活動指数は前年比+1.9%と、2月の+1.4%から微加速。鉱業セクターは1月▲3.9%、2月▲7.8%、3月▲2.1%と続落しているが、いずれも天候やメンテナンスなど一時的な要因によるもの。非鉱業セクターは上昇しているものの、1月+2.8%、2月+2.4%、3月+2.3%と伸びが減速し続けている。季節調整済みの前月比の数値を見ると、鉱業は+4.4%と前月の▲3.2%から反転し、非鉱業は+0.2%で前月の+0.1%と同程度の成長となっている。

[欧州/中央アジア] 4月に世界銀行が発表した「ヨーロッパ・中央アジア地域経済報告 2019年春版:金融の包摂性」によると、同地域の2019年の経済成長見通しは+2.1%と2018年の+3.1%から1ポイント伸びが低下する見込み。特にトルコの経済の弱さが足かせとなっている。持続可能な成長のための政策の一つとして「金融の包摂性」が重要視されている。同地域では、銀行口座を保有する成人の割合が2011年の45%から2017年の65%まで増加しているという。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

12人が「いいね!」と言っています。
<  2019年5月  
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31