デイリー・アップデート

2021年4月26日 (月)

[EU/中国] EUは2019年に発表した「EU=中国戦略見直し」以降の変化を評価する「進捗報告書(progress report)」を作成した。中国共産党指導部がかつて行った経済的な約束、特にデジタル市場や農業市場の開放、鉄鋼の過剰生産能力への対応、産業補助金の抑制などについて、「ほとんど進展していない」と非難し、中国の「権威主義的な変化」による中国とEU間の相違が当面続くとするなど、EUと中国の関係悪化を反映した内容となっている。この報告書は、4月21日に欧州理事会に提出された。

[米国] バイデン大統領はオスマントルコ帝国による推定約150万人のアルメニア人殺害を「大量虐殺」と正式に認定する声明を、106年前にアルメニア人殺害が始まった4月24日の追悼記念日に発表。近年、エルドアン政権がロシア製地対空ミサイル防衛システムの購入・配備を行ったことに対して米国政府が制裁を発動するなど米=トルコ関係が悪化する中、バイデン大統領の当該声明に対してトルコ政府は猛反発している。

[中国] 4月23日、中国人民銀行は、2020年第4四半期に全国の4,399機関を対象に実施したリスク調査で、2020年末時点で442行の金融機関を「高リスク金融機関」に指定した。指定金融機関数は2019年の545行から減少。高リスク金融機関の資産は、国内銀行総資産残高の2%にとどまり、資産全体の98%は安全圏内だったと発表した。

[フランス/英国] フランスのブローニュ地域の漁業関係者が、英政府が仏漁船に英国領海で操業するためのライセンスを与えていないことに反発して抗議活動を開始。仏政府も欧州委員会に対し英政府に断固とした行動を取るよう要請。欧州委員会も仏政府の漁業に関する国家援助を承認するなど仏漁業界への支持を表明している。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

13人が「いいね!」と言っています。
<  2021年4月  >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30