デイリー・アップデート

2021年7月16日 (金)

[米国] 労働省によると、7月10日までの1週間の新規失業保険申請件数は36.0万件となり、前週から2.6万件減少した。3日までの週の継続受給者数は324.1万人となり、前週から12.6万人減少、減少は2週連続だった。6月26日までの週のパンデミック緊急失業補償(PEUC)受給者数は471.0万人と3週連続で減少、パンデミック失業支援(PUA)は568.7万人と5週連続で減少した。経済活動の再開とともに、給付増額など特例措置の終了の影響も出ているようだ。

[米国] ペンス前副大統領は離任後ワシントンの保守系大手シンクタンク、ヘリテージ財団の特別客員研究員に就任しているが、7月14日に外交政策に関する同財団主催のイベントで講演した。同氏は中国の新型コロナウイルス対応、軍事的野心、人権弾圧、略奪的経済・通商政策などを厳しく批判するとともに、「中国はバイデン政権の弱さを認識している」とバイデン政権の対中政策も批判。対中政策が2022年中間選挙キャンペーンの主要争点になる可能性がある。

[フィリピン] 中央銀行は、5月の海外出稼ぎ労働者による本国への送金額(銀行経由以外も含む)が前年同月比+13.3%の26億5,200万ドル、1~5月累計では前年同期比+6.6%の137億ドルだったと発表した。主な送金元は米国(全体の40.1%)が最大。次いでシンガポール、サウジアラビア、日本、英国、UAE、カナダ、韓国、カタール、台湾の順。10か国で全体の78.3%を占める。送金額は新型コロナウイルス感染拡大の影響により2020年は減少したが、2021年は増加傾向にある。

[カザフスタン] 英ケンブリッジ大学の最新調査によると、カザフスタンは世界3位のビットコインマイニング拠点になっているという。中国のビットコインマイニング企業は現在、政府の規制強化を受けて、国外への事業拠点の移転を加速させている。カザフスタンはエネルギー価格が安く、中国と国境を接していることから、有望な移転先となっている。

[EU] 7月15日に欧州委員会が、ポーランド・ハンガリー両政府に対する法的手続きを開始したことを発表。ハンガリー政府が反LGBTIQ法を今月発効していること、ポーランドの多数の自治体が「LGBTフリー(禁止・排除)ゾーン」を導入していることなどが、「平等・人間の尊厳と基本的人権の尊重」をうたうEU法第2条に違反しているとの見解。両政府に2か月以内の回答を求めているが、最終的には欧州司法裁判所への提訴の可能性を示唆している。

[中国] 7月15日、共産党中央と国務院が連名で「(上海)浦東新区のハイレベルな改革開放を支持し、社会主義現代化建設の先導区を構築することに関する意見」を公表した。同意見では、24項目の措置が提示されているが、目立ったところでは、重要技術の研究開発加速(IC、生命科学、AI、スマートカーなど)、世界水準の産業クラスター構築(IC、AI、バイオ医薬、民間航空など)、金融開放の一層の強化(資本取引の自由化模索、人民元の外貨先物取引試行など)、金融インフラ・制度の整備(マーケットメイク制度、一流の再保険センターなど)があった。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

13人が「いいね!」と言っています。