デイリー・アップデート

2022年6月7日 (火)

[NATO] 北欧のスウェーデンとフィンランドはロシアのウクライナ侵攻を受けて5月18日に北大西洋条約機構(NATO)への加盟を正式に申請した。加盟申請から2週間余りが経過した先週末に米軍制服組トップのミリー米統合参謀本部議長が両国を訪問するとともに、NATO14か国とスウェーデン、フィンランドは合計7,000人の兵士が参加してバルト海で合同軍事演習「BALTOPS 22」を6月5日から約2週間の日程で開始し、NATO強化の動きが明確になっている。

[タイ] 6月6日、商務省は2022年5月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比+7.10%だったと発表した。約14年ぶりの高水準となった。前月比は+1.40%。価格の変動幅が大きい生鮮食品とエネルギーを除いたコアCPIは前年同月比+2.28%だった。同省は、COVID-19が沈静化し世界的な需要が高まっていることに加え、供給網の混乱、ロシアのウクライナ侵攻を背景とした禁輸などの制裁措置で物価が高騰していると指摘している。

[アルゼンチン] マティアス・クルファス工業生産・開発相が、パイプライン入札に関係したクリスティーナ副大統領への批判的な情報をリークし、解雇された。 クルファスは大統領に近い人物であり、グズマン経済相と並んで、副大統領からの非難の的となっていた。大統領と副大統領が対立する政権内の力学は副大統領優位にやや傾き、今後も有効な政策の改善は期待できず、不安定な状態が続く可能性が高い。

[中国] 国家統計局は、河北省、河南省、貴州省の一部都市における違法統計事件に関する通達を発表し、統計に関する違法行為を厳正に処罰するとしている。国家統計局は、最近、統計の捏造・ごまかし行為を取り締まるための特別会議を開催したが、この背景には、最近の中国統計が経済の実態を反映していないのではないかとの懸念が広がっていることが関係しているとみられる。第2四半期の数値については、財政部、人力資源社会保障部、税務当局などの部門と照らし合わせながら統計の信頼性確保に取り組むとしている。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

14人が「いいね!」と言っています。