デイリー・アップデート

2019年7月1日 (月)

[ブラジル] 中銀は四半期インフレ率報告で2019年経済成長率見通しを前回発表時の2%から0.8%へ下方修正。鉱工業生産成長率見通しは1.8%から僅か0.2%へ、輸出成長率も3.9%から1.5%へそれぞれ引き下げた。最新の世論調査では1月に49%だったボルソナーロ政権高評価率は4月に35%まで下がり、6月には32%にまで低下。逆に政権低評価率は4月の27%から6月に32%まで上昇。大統領を信頼していないと答えた割合は4月には全体の46%だったが6月に51%へ上昇。

[インド] 6月27日、安倍首相はG20サミットのため来日したモディ首相と会談。2018年の首脳会談で創設を決めた外務・防衛担当閣僚協議(2+2)の早期開催を確認し、『自由で開かれたインド太平洋構想』の実現に向けた安保協力、スタートアップ投資や宇宙・サイバー分野での協力等で一致。28日には日米印首脳会談が開催され、海洋安全保障、宇宙・サイバー空間を含む新たな領域における安全保障、質の高いインフラ投資への協力等で一致し、3か国会談の毎年開催に合意。同日、モディ首相は中ロ印首脳会談とBRICS首脳会議にも参加した。

[中国/ASEAN] 景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)によると、中国、アセアンの製造業が減速基調にある。中国国家統計局と中国物流購買連合会が6月30日に発表した製造業PMIは6月は49.4と前月比横ばい、かつ2か月連続で景況判断の節目となる50を割り込んだ。また、民間の財新とIHSマークイットが7月1日に発表した6月の中国製造業PMIも49.4となり、こちらは50を4カ月ぶりに下回り、4月の50.2から低下。さらに日本経済新聞社が1日に発表した6月のASEANの製造業PMIは49.7と4か月ぶりに50割れとなった。

[日本] 日本銀行が公表した6月の『全国企業短期経済観測調査(短観)』によると、大企業・製造業の業況判断DIは+7となり、前回から▲5ptで2四半期連続の悪化となった。一方、大企業・非製造業では+23と、前回(+21)から+2pt上昇。米中貿易戦争や中国景気減速、IT・半導体市況の停滞感などが重石となっている。先行きについては、大企業・製造業は足もとから横ばい、大企業・非製造業は▲6pt悪化する見通し。ただし、人手不足が続き、設備の不足感も再度強まるため、設備投資計画は底堅い動きとなっている。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

12人が「いいね!」と言っています。
<  2019年7月  >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31