デイリー・アップデート

2020年3月12日 (木)

[EU] 3月11日、欧州委員会が「循環経済行動計画」を発表。設計・生産、消費者の権利、持続可能性の3点に焦点を当て、設計、製造、消費に加え、修理、再利用・リサイクル、資源の還元まで、モノのライフサイクル全てを対象として、循環経済を推進するという内容。経済成長の促進と今後10年間の消費負荷軽減を同時進行させることで、2050年のカーボン中立達成を目指す狙い。

[中国] 3月10日、習近平総書記は、武漢空港から火神山医院と東湖ニュータウンを訪問して現場の視察活動を終えた後、省内を結んだテレビ電話会議を主宰し重要講話を行った。講話の冒頭、「湖北と武漢がウイルスとの戦いの上で、最も重要な勝敗を決する場所だ」「事態は好転し段階的な成果は上がっているが、困難は続いている」とし、「引き続き油断せず防止に当たるよう」指示した。ウイルス制圧の成果を誇示すると言うよりは、武漢市民を慰撫し、配慮を国内に示すことに重点を置いた訪問のように感じられた。

[中東] 中東における新型コロナウイルス感染拡大の中心となっているイランでの感染者は9千人を超え、死者は既に354人に上っている。ジャハンギリ副大統領や2人の大臣も感染を確認。未だ中東・北アフリカ地域で感染が確認されていないのは、現在内戦状態のシリア、リビア、イエメンのみ。サウジは感染者の多い東部カティーフ地区を隔離、クウェートは全飛行機便の運航を今週金曜から2週間停止、カタールでは238件の新たな感染者が発覚し14か国からの入国を禁止。

[日本] 財務省・内閣府「法人企業景気予測調査」によると、2020年Q1の大企業製造業の景況判断指数(「上昇」「下降」の回答割合の差)は▲17.2と、前期(▲7.8)から低下し、5四半期連続のマイナスとなった。先行きについて、Q2は▲5.5、Q3は+6.1と次第に回復する姿になっている。ただし、調査時点は2月15日であり、イベント自粛などその後の新型コロナウイルス感染対策や、3月の株価下落など金融市場の混乱の影響は含まれておらず、回復の後ずれが想定される。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

12人が「いいね!」と言っています。
<  2020年3月  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31