デイリー・アップデート

2020年10月9日 (金)

[米国] 労働省によると、10月3日までの1週間の新規失業保険申請件数が84.0万件となり、前週の84.9万件から減少した。また、9月26日までの週における継続受給者数は1,097.6万人となり、前週から100.3万人減少した。人口が最大のカリフォルニア州が新規申請の受付を一時停止していることも影響している。人員削減の計画などが報道されていることもあり、雇用環境の先行きはさらに不透明になっている。

[米国] 最近、米国内では新型コロナウイルス感染者数が再び増大する傾向が鮮明になりつつあるが、中西部ウィスコンシン州では州内の医療施設で新型コロナウイルス感染者を新たに受け入れることが困難な状況が生じつつあり、エバーズ知事は、ミルウォーキー近郊にあり州の各種イベントに使用されているステートフェア会場に、10月14日から野外病院を開設する方針を10月7日に発表した。寒い季節を迎える中、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される。

[アジア大洋州] 9月29日、世界銀行は、「東アジア・大洋州地域 半期経済報告書:封じ込めから復興へ」を発表。東アジア・太平洋地域の新興国の2020年の実質GDP成長率の見通しを+0.9%と4月時点の+2.1%から下方修正した。1967年以来の低い成長率になる見込み。プラス成長が見込まれるのは中国、ベトナム、ミャンマーでそれぞれ+2.0%、+2.8%、+0.5%。中国を除いた東アジア・太平洋地域の成長率は▲3.5%に落ち込むと予測。特にタイは▲8.3%と、東南アジアで最も落ち込む見込み。

[中国/米国/EU] ◇10月8日、米商務省は、安全保障上の注意を要する輸出先を指定する「未確認リスト」から、中国の液晶材料を手掛ける企業や有力大学など40団体を外し、別途26団体を加えた。アイシン精機の中国拠点も今回リストから外された。リストに載った企業に米国製品を輸出する場合、軍事転用されないことを証明する文書を入手する必要がある。◇今年に入ってから7か月間で、EU27か国と中国の貿易総額は3,287億ユーロ(前年同期比+2.6%)に達し、米国を抜いて、初めてEUにとって第1位の貿易相手国となった。

[米/イラン] 10月8日、米財務省はイランの18の主要銀行を制裁対象とすると発表した。これらの銀行と取引を行う第3国の金融機関も制裁対象となるため、今回の制裁は実質的にイランの金融セクター全体を国際金融システムから排除してしまうことを意味しており、欧州は強く反発している。特に現在イランは新型コロナウイルスの感染拡大がひどく、食料や薬品・医療物資などの流通が滞ることが懸念されており、イランのザリーフ外務大臣は「人道に対する罪」と米政府を強く非難している。

[米国] 10月7日、オブライエン大統領補佐官は、駐アフガン米軍を来年初めまでに、現在の5,000名弱から2,500名規模に縮小させると発表。今年2月の米・タリバン和平合意では1年強をかけて米軍撤退を進める目算となっていたが、計画を前倒しする。最終的な和平はアフガニスタン人自身の手で実現すべきであって、米軍は帰国する必要があるとも補佐官は発言。大統領選を前に、米軍撤収の公約をトランプ政権が果たしていることを有権者にアピールすることが目的とみられる。

[アルメニア/アゼルバイジャン/ロシア] 10月8日、ロシア大統領府は、アゼルバイジャンとアルメニアの係争地ナゴルノカラバフをめぐる軍事衝突に関し、プーチン大統領が戦闘停止に向けた協議のため両国外相を9日にモスクワに招待したと発表した。協議はロシアのラブロフ外相が仲介する。プーチン大統領は7日までに両国首脳とそれぞれ電話協議していた。

[EU/英国] 10月15日が交渉期限とされるEUと英国の将来協定交渉が加速される中、ミシェルEU大統領がアイルランド共和国のマーティン首相と会談。英議会で審議が進む「国内市場法案」が離脱協定・北アイルランド議定書をほごにすることになり、ベルファスト合意の維持が危ぶまれることから、EUがアイルランド共和国と「完全に連帯している」ことを強調。英議会の情報・安全保障委員会は反体制派の統一派グループが拡大していることを受け、アイルランド島の国境地帯でのテロを懸念する報告書を発表している。

[韓国] 10月7日、科学技術情報通信省のチェ・ギヨン長官は、国会の同省に対する国政監査の席で、28GHz帯の5Gサービスを全国民に提供する考えはなく、企業間(B2B)での利用を想定していると答弁した。文大統領は、これまで、5Gが4Gよりも速度が20倍向上すると表明していたが、20倍にするためには28GHz帯の利用が必須であり、「政府を信じて高額な5Gに加入したが不意打ちを食らった」との消費者の声を朝鮮日報が報じている。現状の韓国の5Gは、4Gの4~5倍の速度に留まる。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

12人が「いいね!」と言っています。
<  2020年10月  
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31