デイリー・アップデート

2020年10月28日 (水)

[中国] 中国の鉱工業部門企業利益は、経済回復が緩慢になると予測される2020年第4四半期に伸びが緩やかになる見込み。国家統計局が10月27日に発表した9月の鉱工業部門企業利益は前年同月比+10.1%と前月の同+19.1%から伸びが鈍化。この主因は、営業利益は同+6.9%と加速したものの生産者物価指数がマイナスになっているため。

[米国] 米国大統領選挙の投票日まで1週間となり、期日前投票が7,000万票に迫る過去最高水準となる中、バイデン民主党候補が有利との見方がある一方、「トランプ大統領が一般投票では前回2016年大統領選挙同様敗北するものの、大統領選挙人獲得数で過半数270人を上回り、結果として再選を果たす」というシナリオにも焦点が当たりつつある。

[台湾] 10月26日、中天ニュースTV局(以下、中天)の事業免許更新を巡る公聴会が実施された。主宰したNCC(国家通信放送委員会)が、中天の内部統制体制、番組の多元性、報道の自主性などを問い質し、中天の弁護士が反論した。NCCが招いた鑑定人からは、中天の自律機能の欠如、倫理委員会・独立審査人の機能不全、罰金・苦情の多さなどマイナス面の指摘が多く、中国からの資金に疑念を呈する意見もあった。事業免許失効日(12月11日)以前にNCCが更新可否を裁定する。中天の事実上の支配者は中国の官商として有名な蔡衍明氏であり、中国偏重の報道などが以前から問題視されていた。

[EU] 10月27日、新型コロナウイルス危機対応策の一つである労働者雇用維持政策(SURE)の一環として、欧州委員会がイタリアに100億ユーロ、スペインに60億ユーロ、ポーランドに10億ユーロ(総額170億ユーロ)の支援を開始したことを発表した。SUREは加盟国の短時間労働制度の導入などに伴う公的支出の急増に対応するための支援策。総額上限は1,000億ユーロに設定されており、これまで、17か国に対して累計総額879億ユーロの支援が承認されている。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

12人が「いいね!」と言っています。
<  2020年10月  >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31