デイリー・アップデート

2021年4月12日 (月)

[米国] LG Energy SolutionとSK Innovationの韓国の電気自動車用バッテリー製造企業2社は、EV用バッテリー技術の企業秘密を巡り対立していたが、4月11日にお互いに訴訟を取り下げるなどの和解に達したことを発表。両社の紛争は米フォードと独フォルクスワーゲンの米国内でのEV生産計画にも影響を及ぼしかねなかったが、和解により同計画は推進されることになり、バイデン大統領は「この和解は米国の労働者および米国自動車産業にとっての勝利である」との声明を発表した。

[中国] 4月9日、中国自動車工業協会が発表した3月の新車販売台数は前年同月比75%増の253万台だった。前年同月比プラスは12か月連続。新型コロナ禍の影響で比較対象となる前年同月の数値が低かった反動もあり大幅な増加を記録した。乗用車は77%増の187万台、商用車は68%増の65万台。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの新エネルギー車は3.4倍の23万台だった。

[ウクライナ] ウクライナ東部地方の情勢をめぐってロシアとの間で緊張が高まるなか、ウクライナのゼレンスキー大統領は、経済や軍事の面で関係を強化しているトルコを4月10日に訪問、エルドアン大統領に支援を求めた。エルドアン大統領は緊張の緩和に向け、必要な支援を行う考えを表明した。

[ドイツ] 今年9月の連邦議会選挙を前に、4月11日、与党キリスト教民主同盟(CDU)党首ラシェット氏とキリスト教社会同盟(CSU)党首ゼーダー氏が共同首相に立候補したことを発表した。メルケル政権(CDU/CSUとSPDの大連立政権)の新型コロナウイルス危機対策に対する不満が高く、2021年に入りCDU/CSUの支持率が低迷する一方で、緑の党が勢力を拡大している。

[中国] 4月10日、中国疫病コントロールセンターの高福主任は、新型コロナウイルスワクチンについて、中国国内で製造・使用されている不活化ワクチンは製造方法などの技術と知見が確立されている一方、有効率がmRNAワクチンに比べて低いことから、解決策の一つとして製造技術の異なるワクチンを交互に接種する案を挙げた。この発言が国内外で注目され、中国メディアや高福氏は「一部を曲解して報じられた」と打ち消しに躍起になっている。「中国のワクチンはWHOの基準に合格しており、万一感染しても重症化を防ぐ」として、ワクチン接種を行うよう呼び掛けている。

[米国] 3月9日、ホワイトハウスは2022年度予算要求を発表。総額1.52兆ドル(前年度比8.4%増)で、国防予算7,530億ドル(同1.7%増)、非国防予算7,694億ドル(同15.9%増)。新型コロナ対策に加え、気候変動や国内の格差問題への取り組みを強調した予算内容になっている。政権発足後間もないため、バイデン政権は例年の予算教書よりも簡易的な予算要求を公表した。米国においては、予算編成権を連邦議会が握っていることから、こうした予算案はあくまで行政府側からの「要求」にとどまる。

[中国] 4月10日、国家市場監督管理総局は、アリババ集団控股有限公司に対し、独占禁止法に違反しインターネット小売りプラットフォーム・サービス市場での支配的地位を乱用したとして、182.28億元(約3,050億円)の罰金を科す行政処罰を行った。問題とされたのは、同社通販サイトの出店者に他のプラットフォームで出店することを禁ずる「二者択一」の慣行を2015年から続けていたこと。この慣行については、京東ドットコムがアリババを提訴し、北京高裁で係争中であり、本行政処罰による影響は必至と見られる。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

13人が「いいね!」と言っています。
<  2021年4月  >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30