デイリー・アップデート

2021年7月5日 (月)

[ロシア] 7月2日、プーチン大統領は、軍事や外交・内政の指針となる「国家安全保障戦略」を6年ぶりに改訂し、新たに承認した。欧米との関係悪化を背景に「ロシア封じ込めを目的とした政策」に対抗するため、ロシアの主権や領土の一体性の強化、国防、内政干渉阻止などの政策を主張する内容になっている。

[EU] 7月2日、欧州議会に議席を持つEU加盟各国の極右政党が共同宣言に署名。中心となったのは、フランス「国民連合」のルペン党首、イタリア「同盟」のサルビーニ党首、ハンガリー「Fidesz党」党首のオルバン首相。これらの政党は、9月にポーランドで行われる初の会合後に政党グループ形成の動きを始めるとみられている。極右政党が問題視しているのは、EU機関がEU加盟各国政府の主権を弱体化し、EUの価値観を押し付けている点だという。これらは2024年の欧州議会選挙で争点となる見込み。

[米国] 労働省の6月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は前月に比べて85.0万人増加した。増加は6か月連続となり、市場予想を上回った。しかし、感染拡大前に比べると、676.4万人分の雇用機会が失われたままになっている。また、失業率は5.9%と前月から+0.1pt上昇。職探しを始めた人や自主的に離職した人などが増加したとみられる。雇用は回復傾向が続くものの、まだ道半ばといえる。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

13人が「いいね!」と言っています。