デイリー・アップデート

2019年3月7日 (木)

[イギリス] 今月末に迫ったイギリスのEU離脱後のアイルランド島の国境問題に関し、欧州委員会は協議が難航していることを発表。一方、イギリス首相官邸は来週予定されている離脱協定案の投票に変更はないとコメント。合意のない離脱の可能性が高まる中、イギリスの自動車産業は次々と同国での生産縮小・撤退計画発表やそれらの可能性を示唆している。

[メキシコ] エネルギー部門における民間セクターの関与を規制強化する政策変更や、メキシコシティ新空港建設のキャンセル等は、事業心理を悪化させ投資や経済成長率を低下させる可能性があるとして、S&Pはメキシコ国債の格付けをBBB+で据え置きつつも、見通しを”Stable”から”Negative”へ引き下げた。一方、燃料不足、消費の低迷、ストライキなどがあったにも関わらず、消費者信頼感指数は2018年7月以降毎月上昇し40を上回り続け、2019年2月は前月比5.9%増で48.8を記録。

[カザフスタン] ウラン大手カズアトムプロム社のGDR(グローバル預託証券)は、昨年11月の上場以来、好調に推移している。ウラン価格の持ち直しに伴い、同社のGDRは現在、上場時比約3割増、市場価格は28億ポンドに達している。カズアトムプロム社は更に予想されるウラン需要の増加を期待し、営業キャッシュフロー以上の投資を行っている。今年も2億ドル以上の配当を約束し、純負債を押し上げた。

[米国] 3月6日、FRBが公表した「地区連銀経済方向(ベージュブック)」によると、米経済は緩やかに拡大しつづけているとの判断。フィラデルフィアやセントルイス地区は横ばい圏。一部政府機関の閉鎖は、小売や自動車販売、観光、不動産などに幅広く悪影響をもたらした。その他寒波や信用コストの増加が小売や自動車販売の重荷となった。雇用環境は引き続き堅調。物価は緩やかに上昇している。ただし、原材料費増を消費者に転嫁できるかは地域や産業によって異なるという。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

11人が「いいね!」と言っています。