デイリー・アップデート

2019年11月1日 (金)

[中国] 10月31日、国家統計局と中国物流購買連合会は10月の景況感を示す製造業及び非製造業の購買担当者指数(PMI)を発表。製造業PMIは49.3と、前月を0.5ポイント下回り、6カ月連続して景況判断の節目となる50を割った。2月(49.2)以来の低水準。非製造業PMIは52.8で前月から0.9ポイント低下、50は上回っているものの、2016年2月(52.7)以来の低水準となった。このうち、建設業が2.8ポイント上昇の60.4、サービス業が1.6ポイント下落の51.4。

[欧州] ユーロ圏の2019年第3四半期の実質GDP成長率は前期比+0.2%と、第2四半期と同じ伸び率だった。また、9月の失業率は7.6%と前月から横ばいで、ユーロ圏の数値としては低水準を維持している一方で、10月の消費者物価上昇率は前年同月比+0.7%と前月(同+0.8%)から上昇幅を縮小させた。エネルギー価格が前年割れになった影響が大きく、物価の基調を表す消費者物価指数(食品とエネルギーを除く)は同+1.1%と前月(同+1.0%)からやや加速した。

[メキシコ] 2019年第3四半期の実質GDP成長率は前期比+0.1%で、分野別では農業が前期比+3.5%と急拡大した一方、鉱工業は若干縮小し、サービス業は横ばい。第3四半期のGDP成長率の前年比は▲0.4%で、分野別ではサービス業が横ばいで農業のプラスを鉱工業のマイナスが打ち消した形。1月から9月の累計の前年比は±0%で、メキシコ経済の完全な停滞が確認された。

[ロシア] 外国とのインターネット通信への規制強化を定めた「情報・IT・情報保護法」(通称:「主権インターネット法」)が議会承認を経て今月発効した。本法は、ロシアが西側からのサイバー攻撃を受けた際に、ロシア側のサーバーをグローバルネットワークから遮断し、国内インターネットの機能継続を確保することを目的とするもので、送受信データ経路を制御し、ロシアのユーザー間で交換されるデータの外国への送信の制限や、場合によっては遮断もすることができると定められている。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

12人が「いいね!」と言っています。
<  2019年11月  
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30