メディア活動情報

活動実績

2018年8月30日(木)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「共和党重鎮「マケイン上院議員」逝去がもたらす「空白」」

足立 正彦

2018年8月30日(木)

『日本経済新聞』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆20面 「銅、国際価格5%高 米メキシコ合意好感」

本間 隆行

2018年8月29日(水)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「民主党「大統領候補選出プロセス」の「規約改正」が及ぼす影響」

足立 正彦

2018年8月25日(土)

『日本経済新聞』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆21面 「原油高、川下企業ほど逆風―転嫁遅れ、株価の重荷に」

本間 隆行

2018年8月19日(日)

『日経ヴェリタス』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆19面 COMMODITY「銅先物、6000ドル割れ 13カ月ぶり低水準、トルコショックも重荷」

本間 隆行

2018年8月18日(土)

『日本経済新聞』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆15面 ポジション「銅軟調、世界景気に黄信号 中国経済減速、米金利上昇も重荷 供給不安感も薄れる」

本間 隆行

2018年8月15日(水)

『日本経済新聞(電子版)』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆「銅国際価格が一段安 中国経済の不透明感で、1年ぶりの低水準」

本間 隆行

2018年8月14日(火)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「「テキサス州選出上院議員選挙」で民主党候補による「大番狂わせ」は起こるか」

足立 正彦

2018年8月14日(火)

『日本経済新聞(電子版)』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆「大豆巡る摩擦、米国より中国に不都合な事情」

本間 隆行

2018年8月10日(金)

文眞堂出版書籍『米国通商政策リスクと対米投資・貿易』に、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 渡辺 亮司のレポートが掲載されました。

◆第1章 「米通商政策の不確実性リスクに直面する在米企業」 (P.1~26)

渡辺 亮司

2018年8月9日(木)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「トランプ大統領から公然と離反し始めた「大富豪コーク氏」」

足立 正彦

2018年8月8日(水)

『日本経済新聞』に、当社シニアアナリスト 小橋 啓のコメントが掲載されました。

◆18面 「砂糖、国際価格3割安 年初比、増産で供給過剰続く公算 国内製糖、値下げに慎重」

小橋 啓

2018年8月8日(水)

『東洋経済ONLINE』に、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 渡辺 亮司のコメントが掲載されました。

◆「トランプの貿易戦争が国内で支持されるワケ」

渡辺 亮司

2018年8月8日(水)

『日本経済新聞(夕刊)』に、米州住友商事会社ワシントン事務所長 高井 裕之が寄稿しました。

◆7面 十字路「ワシントンの熱い夏」

 

2018年8月6日(月)

東洋経済新報社『週刊東洋経済』2018年8月11・18日合併号に、米州住友商事会社ワシントン事務所長 高井 裕之が寄稿しました。

◆P.94 マネー潮流「銅相場急落は世界経済への警鐘」

 

2018年8月6日(月)

日本政策金融公庫『調査月報』に寄稿しました。

◆P.35 世界のあれこれビジネス情報便 第14回「中央アジアのオアシス カザフスタン・アルマティ」

 

2018年8月6日(月)

毎日新聞出版『週刊エコノミスト』2018年8月14・21日合併号に、当社シニアアナリスト 鈴木 直美が寄稿しました。

◆P.106 ザ・マーケット 「白金:上値重い」

鈴木 直美

2018年8月6日(月)

金融ファクシミリ新聞・GM版に、当社シニアエコノミスト 片白 恵理子が寄稿しました。

◆国際面① 「中国の中南米経済戦略 中南米も一帯一路に」

片白 恵理子

2018年8月5日(日)

『日経ヴェリタス』に、米州住友商事会社ワシントン事務所長 高井 裕之が寄稿しました。

◆21面 コモディティーウォッチ「商品相場は炭坑のカナリアか?」

 

2018年8月5日(日)

『日経ヴェリタス』に、当社シニアアナリスト 小橋 啓のコメントが掲載されました。

◆19面 COMMODITY「金、ドル高でマネー流出 1年ぶり安値圏、一段安も」

小橋 啓

12