メディア活動情報

活動実績

2018年3月31日(土)

『日本経済新聞』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆21面 ポジション「原油、米株と薄れる相関、投機筋の先物買い、生産調整期待で強気、不透明な中東情勢も下支え」

本間 隆行

2018年3月30日(金)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「主要閣僚・ホワイトハウス高官「大幅刷新」の「死角」」

足立 正彦

2018年3月28日(水)

一般財団法人 国際貿易投資研究所(ITI) 『ITI調査研究シリーズ』に、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 渡辺 亮司のレポートが掲載されました。

◆『米通商政策リスクと対米貿易・投資』第1章「米通商政策の不確実性リスクに直面する在米企業―トランプ政権1 年目の総括と在米企業の今後の事業展開」(P.1~22)

渡辺 亮司

2018年3月26日(月)

毎日新聞出版『週刊エコノミスト』2018年4月3日号に、当社シニアアナリスト 鈴木 直美が寄稿しました。

◆P.98 ザ・マーケット 「金:押し目買い需要強い」

鈴木 直美

2018年3月26日(月)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「「ペンシルベニア州下院補選」勝利した民主党の「教訓」」

足立 正彦

2018年3月23日(金)

9:00~9:30、NHK World 『Newsline』に当社シニアアナリスト 浅野 貴昭が出演しました。

◆「米国による鉄鋼・アルミ輸入制限措置について」

浅野 貴昭

2018年3月20日(火)

一般財団法人 国際貿易投資研究所(ITI) 『フラッシュ』に、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 渡辺 亮司のレポートが掲載されました。

◆「拡大する中国に対する米貿易救済措置」

渡辺 亮司

2018年3月16日(金)

『日本経済新聞』に、当社シニアアナリスト 舘 美公子のコメントが掲載されました。

◆23面 「ドバイ原油、米産より安く、1年ぶり逆転、中東産の不足感後退、現物価格の下げ要因に」

舘 美公子

2018年3月14日(水)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「「コーンNEC委員長辞任」でホワイトハウスとの「架け橋」を失う「議会共和党」」

足立 正彦

2018年3月12日(月)

5:45~7:05、テレビ東京『Newsモーニングサテライト』に当社シニアアナリスト アントン ゴロシニコフが出演しました。

◆「新興国アップデート」コーナー:「ロシア経済」

◆「MORNING SATELLITE きょうのオマケ

アントン ゴロシニコフ

2018年3月12日(月)

東洋経済新報社『週刊東洋経済』2018年3月17日号に、当社社長 高井 裕之が寄稿しました。

◆P.86 マネー潮流「コモディティ市場のクジラ」

高井 裕之

2018年3月9日(金)

一般財団法人エネルギー・資源学会の「スマートエネルギーシステムに関するヨーロッパ調査成果報告会」で、当社シニアアナリスト 宮之原正道が講義しました。

◆「E.ON社のバイオガス生産・都市ガス管注入プラント」  

宮之原 正道

2018年3月9日(金)

『日本経済新聞(夕刊)』に、当社社長 高井 裕之が寄稿しました。

◆5面 十字路「再び揺らぐホワイトハウスの勢力図

高井 裕之

2018年3月8日(木)

5:45~7:05、テレビ東京『Newsモーニングサテライト』に当社社長 高井裕之が出演しました。

◆インタビュー「ゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長の辞任について」

高井 裕之

2018年3月6日(火)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「トランプ大統領側近「辞任続出」で再び不安定化する「ホワイトハウス中枢」」

足立 正彦

2018年3月5日(月)

日本政策金融公庫『調査月報』に寄稿しました。

◆P.35 世界のあれこれビジネス情報便 第9回「インドの電気自動車化はリキシャから」

 

2018年3月5日(月)

金融ファクシミリ新聞・GM版に、当社シニアエコノミスト 片白 恵理子が寄稿しました。

◆国際面① 「中国の中南米経済戦略 ベネズエラは法治力が最下位の国」

片白 恵理子