メディア活動情報

活動実績

2019年3月30日(土)

『日本経済新聞』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆19面 「中国景気の変調響く」

本間 隆行

2019年3月29日(金)

『日本経済新聞』に、シニアアナリスト 鈴木 直美のコメントが掲載されました。

◆27面 「パラジウム急反落 鉱山トップ「バブル」発言で」

鈴木 直美

2019年3月29日(金)

『週刊 金融財政事情』2019年4月1日号に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行が寄稿しました。

◆P21~24 特集 明日の証券取引所「アジアでの地位確立には商品市場の再生が不可欠」

本間 隆行

2019年3月28日(木)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「2020年大統領選とともに注目すべき「上院議員選挙」」

足立 正彦

2019年3月26日(火)

『新潮社FORESIGHT』サイトに、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 足立 正彦のコラムが掲載されました。

◆「「2020年全国党大会」を「中西部ミルウォーキー」に選定した民主党の「狙い」」

足立 正彦

2019年3月25日(月)

『東洋経済ONLINE』に、米州住友商事会社ワシントン事務所シニアアナリスト 渡辺 亮司のコラムが掲載されました。

◆「混乱を極めるベネズエラと2人の大統領の行方 - これまでの経緯と予想されるシナリオを解説」

渡辺 亮司

2019年3月18日(月)

東洋経済新報社『週刊東洋経済』2019年3月23日号に、米州住友商事会社ワシントン事務所長 高井 裕之が寄稿しました。

◆P.68 マネー潮流「原油相場を大局的に見る」

 

2019年3月18日(月)

毎日新聞出版『週刊エコノミスト』2019年3月26日号に、当社シニアアナリスト 鈴木 直美が寄稿しました。

◆P.84 ザ・マーケット 「金・白金:金は値崩れしにくい」

鈴木 直美

2019年3月17日(日)

『日経ヴェリタス』に、当社シニアアナリスト 浅野 貴昭のコメントが掲載されました。

◆10面 「ぐらつく基軸通貨  -力の乱用 進むドル離れ- 欧州・中東「ドル外し」貿易決済」

浅野 貴昭

2019年3月12日(火)

『日本経済新聞』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆22面 多面鏡「NY原油の凋落 シェール増、製品需要も変化」

本間 隆行

2019年3月11日(月)

『日本経済新聞(電子版)』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆「米原油の凋落 製品需要の変化も影響」

本間 隆行

2019年3月11日(月)

毎日新聞出版『週刊エコノミスト』2019年3月19日号に、当社シニアアナリスト 石井 順也が寄稿しました。

◆P.15~16 FLASH!「インド・パキスタン交戦 核保有国同士に緊張高まるも危機的状況はひとまず回避へ」

石井 順也

2019年3月10日(日)

『日経ヴェリタス』に、米州住友商事会社ワシントン事務所長 高井 裕之が寄稿しました。

◆21面 コモディティーウォッチ「原油相場は均衡 内在するリスク注視」

 

2019年3月8日(金)

『時事通信』に、当社シニアアナリスト 小橋 啓のコメントが掲載されました。

◆週間見通し「NY原油、もちあいか」

小橋 啓

2019年3月6日(水)

『日本経済新聞』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆22面 「安値プラチナに底入れ感、長期マネー流入 ETF残高、年初比1割増」

本間 隆行

2019年3月5日(火)

日本政策金融公庫『調査月報』に寄稿しました。

◆P.39 世界のあれこれビジネス情報便 第21回「世界の最先端を走る花の都 パリ」

 

2019年3月4日(月)

金融ファクシミリ新聞・GM版に、当社シニアエコノミスト 片白 恵理子が寄稿しました。

◆国際面① 「中国の中南米経済戦略 カウチャリ太陽光発電への期待=アルゼンチン」

片白 恵理子

2019年3月3日(日)

『日経ヴェリタス』に、当社チーフエコノミスト 本間 隆行のコメントが掲載されました。

◆19面 COMMODITY「銅の先物、8カ月ぶり高値、実需堅調、中国景気の先行きに不安も」

本間 隆行

2019年3月2日(土)

『日刊工業新聞ニュースイッチ』に、シニアアナリスト 小橋 啓のコメントが掲載されました。

◆「18年は7割増…各国中央銀行の金購入が拡大している」

小橋 啓

2019年3月1日(金)

『日刊工業新聞』に、シニアアナリスト 鈴木 直美のコメントが掲載されました。

◆「銅、8カ月ぶり6500ドル台の高値圏 各地で供給懸念」

鈴木 直美