デイリー・アップデート

2019年10月2日 (水)

[ロシア] マークイットが発表した9月のロシア製造業購買担当者景気指数(PMI)は46.3と、前月の49.1から低下し、2009年5月以降で最低となった。生産と新規受注が大きく縮小した。ロシア経済は停滞が続いており、経済発展省は2019年の年間成長率+1.3%を予測している。

[イタリア] 9月30日、連立政権は、付加価値税の増税を回避するという公約を守るため、2020年の財政赤字目標を2.1%から2.2%に引き上げると発表した。また、財政赤字の増大を抑止するため、政府は脱税者に対する罰則を厳格化する予定。これにより、政府歳入が70憶ユーロ増加することを目標としている。

[米/中] 米国のペイパル(Paypal)社が中国国内でのオンライン決済サービスの事業資格を取得した。同社が100%出資する「美銀宝信息技術(上海)有限公司」が、中国で「国付宝(Gopay)」と言うオンライン決済サービスを提供する「国付宝信息科技有限公司」の株式の70%を購入することで合意、9月30日、中国人民銀行がこれを認可した。国内市場はすでに「微信支付(Wechat Pay)」と「支付宝(Alipay)」の2社が席巻しているため、Paypalは越境EC分野で優位性を発揮するとの観測がある。中国政府による国内金融市場の開放政策の一環と見られる。

[WTO] 世界貿易機関(WTO)は貿易摩擦の高まり、世界経済の減速により2019年の貿易の伸び率の見通しを4月時点の+2.6%から+1.2%へと大幅に下方修正した。2020年は2019年から伸びが回復する見込みであるが、4月時点の+3.0%から+2.7%へとやはり下方修正している。2019年・2020年の実質経済成長率の予測はともに2.3%。2019年についてはモノの貿易量の伸び率が実質GDP成長率を下回る「スロートレード」に陥ることになる。

[米国] 米供給管理協会(ISM)が公表した9月の製造業総合景況感指数(PMI)は47.8となり、前月(49.1)から2か月連続で50割れとなった。これは、2009年6月以来の低水準。貿易戦争の中、受注が減少しており、その悪影響が製造業に広がりつつあることが確認できる。ISMは、9月のPMI(47.8)に対応するGDP成長率が年率1.5%になるとみており、潜在成長率を下回るものの、プラス成長は維持できるとしている。また、FRBに対する市場からの緩和期待も高まるとみられる。

[アルゼンチン] 非常に高いインフレ率と長引く不況で実質賃金が減少し、2019年前半の貧困率は前年比8.1%ポイント増の35.44%にまで上昇した。マクリ大統領は2015年の選挙戦で「貧困率ゼロ」の達成を公約しており、今回の選挙戦でもこれが最後まで付きまとい、再選は厳しいと予想されている。

記事のご利用について:当記事は、住友商事グローバルリサーチ株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報に基づいて作成しており、作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、当社及び住友商事グループは、その情報の正確性、完全性、信頼性、安全性等において、いかなる保証もいたしません。当記事は、情報提供を目的として作成されたものであり、投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。また、当記事は筆者の見解に基づき作成されたものであり、当社及び住友商事グループの統一された見解ではありません。当記事の全部または一部を著作権法で認められる範囲を超えて無断で利用することはご遠慮ください。なお、当社は、予告なしに当記事の変更・削除等を行うことがあります。当サイト内の記事のご利用についての詳細は「サイトのご利用について」をご確認ください。

12人が「いいね!」と言っています。
<  2019年10月  
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31